トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

Welcome~まくら木日記について

title5.jpg

  ようこそ、「まくら木日記」へ。

  こちらは、鉄道趣味のサイト
  「トラベラーズ ノート」 管理人Yakaが公開するブログです。
  ここでは、鉄道系の話題に限らず、
  日々の雑談や、風景写真など、ジャンルにこだわらず
  つれづれなるままに書き連ねています。

  どうぞよろしくお願いします。


※ この記事はトップに表示されるよう、
   投稿日を将来の日付に設定しています。
 
 
スポンサーサイト

蓮の花

170720 (6)

170722 (4)

170722 (5)

170722 (10)

170722 (12)

  今回は写真だけ。コメントは無用ですね。

[旅日記]薩摩・大隅あちこちめぐり(9)

  (8)より。

  5月28日の行程を無事に終えて、宿泊地の鹿児島市街へ。今回は飛行機と宿泊がセットになった「パックツアー」を利用しており、1泊目の今夜は鹿児島中央駅に近いビジネスホテル「東横イン」に宿泊します。(東横インは中央駅東側と西側、そして天文館と3軒ありますが、利用したのは駅東口側です。)チェックイン後、終盤空腹で不機嫌だったクマ子を連れて、早速夕食へ。

  行き先はクマ子のリクエストですでに決めており、ホテルから歩いてほど近い場所にあるとんかつ店「川久」。幾つか鹿児島の観光ガイドを見た限り必ず載っており、食べログでも上位に入る有名店(※)のようです。

  ※レビューをよく見てゆくと必ずしも良い評価ばかりではなく、結構辛辣に批判されていたりもするのですが、有名店ゆえに期待値が高く(=期待を外すとがっかり感が大きい)、レビューの母数も多い(=厳しい評価にもさらされやすい)のでそれは仕方ないことかもしれません。

d17135.jpg

  といっても、たたずまいは特に変わり映えのしない小さなお店。ランチタイムなどには行列のできる盛況になるようですが、私たちが入った時点ではガラガラで拍子抜けします。

  メニューとしては、黒豚ではないロースとヒレ、黒豚のロースとヒレ、そしてそれぞれ量の多い「上」があります。他のフライ物や丼ものもありますが、とんかつの有名店に来た以上は、黒豚のとんかつを食べなければ意味がない。というわけで黒豚ロースかつと黒豚ヒレかつを1つずつ頼みます。

d17132.jpg

  黒豚ヒレかつ(2,100円)。上に写っている3種類のたれでいただきます。コロッケが1つ付いていますが、これは鹿児島空港のレンタカー屋でもらってきたガイドブックのクーポンでサービスしてもらったもの。目敏く見つけたクマ子に殊勲賞を。

d17133.jpg

  そしてこちらが黒豚ロースかつ(1,900円)。これぞとんかつ!という感じですね。写っていませんが御飯・味噌汁はこちらも付いています。

d17134.jpg

  衣は薄め、淡いピンクの肉。「肉汁ジュワー」という感じではなく、思ったより締まった身をしています。黒豚の肉そのものの味わいを引き出すためにじっくりと揚げているのではないかと思われます。

  最初は何もつけずにそのものの味わいを楽しみ、それから3種のたれで食べ比べる。おまけのコロッケもなかなか美味で、もうけものでした。あと、味噌汁がなかなか旨かったのもポイント高し。(こういうサブの部分の善し悪しが、私の中では結構ウエイトが大きい。)食しているうちにいつの間にか店内の客が増えてきました。

  量的にはちょっと物足りないくらいで、でもこのくらいが「美味しかった」というイメージで終えられる量だったかもしれません。

  というわけで、クマ子共々本場の薩摩の味覚に満足して店を後にし、ホテルに戻ります。

d17136.jpg

  1日目終わり。

  続く。

携帯を替えて…

  実は今月から携帯を替えました。経費削減策の一環で、キャリアを白犬さんから猫さん(身内同士ですが)に変更、同時に、これまでiPhoneを使用していたのをAndroid機(Android one S1)にチェンジしました。(もとのiPhoneはクマ子のものになりました。)

  これまで自分にとって「スマホ=iPhone」でしたので、Android端末の操作にはなにかと違和感がつきまとうのですが、やっと幾分慣れてきました。一方、基本アプリはGoogleサービスをベースにしているので、パソコンでGoogle Chromeを使用している私としては、シームレスに連携してくれるのが有り難いところです。

  さて、自分的にちょっと気になるのがカメラの性能。ここ一番は一眼レフのEos Kissで撮るのですが、手元になければ携帯で撮るしかありません。でもiPhoneのカメラ性能はさすがのもので、レンズが明るいのか多少の悪条件はものともせず、場面によっては一眼より賢く写してくれます。これさえあれば下手なコンパクトデジカメなど必要ないと思えるほどです。

  iPhoneよりずっと安価な現機種にそこまでは求められないまでも、一応は最近の機種なのでそれなりに写してくれるだろうとの期待のもとに、撮影してみたのがこの写真。(リサイズ以外の画質調整はしていません。)

170721 (1)

  写り自体はまあ悪くはありませんが、コントラストがきつく出て色がはっきりしすぎている感。これはこれで夏空らしさが出て良いのかもしれませんが。あとは端のゆがみが大きいのか、電車が下ぶくれたような姿になっているのが気になるところ。

  一番の問題は、シャッターのレスポンスがかなり悪いこと。電車が一番手前の架線柱を少し超えたあたりで押したつもりが、画面下端ギリギリまで進んでしまいました。この調子では、動くものの撮影はちょっと厳しそうです。

  参考までに、同じ場所で以前(5月)にiPhoneで撮ったものが下。(こちらもリサイズ以外調整なし。)

170522 (2)

  条件が同じではないので単純な比較はできませんが、やはりこちらのほうが微妙な色合いなどをしっかり再現してくれている感じがします。

  ちなみに撮影画像の解像度は、iPhone7 Plusが4032×3024pxに対してAndroid S1は4160×3120pxで、数字の上では少し勝っているのですが、やはりデジタルカメラの性能はレンズと頭脳次第なのだと感じさせられます。

  もとより、元値がiPhoneの半額程度のスマホに多くを求めるのも酷というもの。このカメラの性能を活かした味を出せる撮り方を開発したいものです。

夏到来!

  ついに梅雨明けしました。既に強烈な暑さですが、これからもっと本格的な酷暑がやってくるそうで… 一体どうなるやら。

170719 (2)

170719 (3)

  夏空へと駆け上がる神鉄。

【トップ画像】2017.7後半

top1707b.jpg

  最近、月後半のトップ画像のアップが慢性的に遅れています。申し訳ありません…

  さて7月後半ですが、大久保~魚住という定番の場所になってしまいました。というのも、過去のデータを振り返ってみても、7月はよその場所に出かけて撮った写真が意外と少ないのです。水鏡の時期が終わり、梅雨が明けるかどうかという微妙な時期で、なかなか遠征してまでという気乗りがしないせいかもしれません。

  この区間は田んぼの中を新幹線と在来線が並走し、どちらも撮れるお気に入りスポットなのですが、両方を同時に収めることは難しい。そこで北側の高台から見渡せる場所を探してみました。下の方で電柱や民家の屋根などがかかってしまいますが、そこはまあ妥協して…

  ここを正午前に下りの500系(EVAラッピング)「こだま」が通過します。(この写真を撮影した昨年のダイヤだとほぼ正午ごろでしたが、現在は西明石発11:51で、少し早くなっています。)そのタイミングで在来線を新快速が通過。上手い具合にツーショットが実現しました。バックには瀬戸内海、沿線には緑鮮やかな田んぼが広がり、この時期らしい風景となりました。

FC2Ad