トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

Welcome~まくら木日記について

title5.jpg

  ようこそ、「まくら木日記」へ。

  こちらは、鉄道趣味のサイト
  「トラベラーズ ノート」 管理人Yakaが公開するブログです。
  ここでは、鉄道系の話題に限らず、
  日々の雑談や、風景写真など、ジャンルにこだわらず
  つれづれなるままに書き連ねています。

  どうぞよろしくお願いします。


※ この記事はトップに表示されるよう、
   投稿日を将来の日付に設定しています。
 
 
スポンサーサイト

【トップ画像】2017.11後半

top1711b.jpg

  トップは2回連続で神戸電鉄。先日の「黄金の夕日2」の記事で紹介した写真と同日に撮影したものです。

  美嚢川橋梁を渡る神鉄3000系の背中を照らす沈みかけの太陽。個人的に、この11月ごろの夕日の色が一番好きなのですが、あっという間に沈むのでタイミングが難しい。天気、列車のダイヤ、そして自分の予定とがマッチしなければなりません。それだけにうまくはまると喜びもひとしおです。

  ブログ記事では「黄金」というタイトルをつけましたが、今回の画像はひらがなで「こがね」というタイトルにしています。「金色」と「こがね色」、同じ色を指しますが、前者は金属(ゴールド)のイメージが強いのに対し、「こがね」というと絵画的な響きが感じられます。言葉のニュアンスというのは微妙なものですね。

  3年半ほど前に引っ越して神戸電鉄沿線を離れたので、神鉄をキャッチする機会は以前より少なくなりました。それでも長年慣れ親しんできた電車であり、今もやはりどこか特別な存在です。

黄金の夕日2

  昨日の夕方には再び美嚢川へ。ちょうど1週間前に撮ったと同じシチュエーションです。いいのが撮れると味をしめて同じようなのを繰り返すのが悲しいサガで・・・

  今回も明るさや色の調整は一切していません。

171113_kobec.jpg

  16時半ごろにしてすでにこの陽の傾き。冬はすぐそこですね(実際、暦の上ではもう冬ですが。)電車は最新鋭の6500系。

171113_kobee.jpg

  すぐさま鉄橋の反対側に回って上り列車を。同じ時間帯ですが順光側だとずいぶん雰囲気が違います。

171113_kobef.jpg

  その15分後の下り電車。太陽がいい位置に来ました。そしていい色。

171113_kobeg.jpg

  電車は1週間前に上りで来たのと同じ1370形。1本しかない編成なのですが奇遇ですね。

171106-(13).jpg

  比較用に1週間前のを再掲。数分遅い時刻でしたが、比べると太陽がまだ少し高かったのがわかります。

171113_kobeh.jpg

  本日のベストは最後のこれ。太陽の下にちょっとかかった雲が、いいアクセント。この後まもなく、夕日は雲の中に入ってしまいましたので、電車が来たタイミングも絶妙でした。

青い空と神鉄

  静かな空、青い空。神戸電鉄。

  このキャッチフレーズ、今も使ってるんでしょうか?

  さわやかな青空が広がったので、昼の合間のちょっとした時間に神鉄を撮ってみる。

IMG_9499.jpg

  いわゆるケツ打ちで。空はきれい、でも電車の色あせがひどい。しかも一見すると側面窓が1カ所ないような・・・。よく見ると窓ガラスに架線柱が映り込んでいるだけなのですが、いろいろ不安になる写真。

IMG_9501.jpg

  こちらはバリバリ順光で。電線の影がしっかり入ってしまっていますが。

  1100系の第一編成が引退したため、現状神鉄最古参の第二編成です。こちらはしっかり塗り替えられていて、前面方向幕もローマ字併記のものに交換済み。しばらく安泰・・・かな?

「西兵庫の鉄道」リニューアルについて

  「トラベラーズ ノート」ですが、順次コンテンツの再編を行ってゆく計画です。

  18年間の蓄積を活かしつつも、今後のことを考えてよりシンプルで管理やメンテナンスをしやすいサイトにするための改変です。

  ということで、中途半端になっているコンテンツや、古くて今後更新されないであろうコンテンツは、かなり整理することになると思います。

  まずその取りかかりとして、現在「西兵庫の鉄道」のリニューアルに着手しています。内容としては・・

  ・「旅日記」や「車両所感」と共通化したデザインへの変更。
  ・古くなっている内容を現状に沿ったものに修正。文章の推敲。
  ・「撮影ポイント紹介」は廃止する予定です。

  特に文章については、やはり多年にわたって様々な追記や修正を繰り返している分、無駄な内容や稚拙な表現も目につくことから、ほぼ全文を見直すことになるかと思います。

  目指すのは「必要な情報を、いかにシンプルに残すか」。昨今の鉄道業界にもいえることですが、使えるリソースが限られてくる中で求められるのは「上手な引き算」ではないかと思います。

黄金の夕日

  今日(11月6日)は、日中雲一つない秋晴れ。この晴天は私の好物のひとつで、写真が撮りたくてウズウズしてしまうのですが、あいにく今日は1日を通して仕事。日中に果たすべきノルマがあるので、それが片付くまでは悠長なことをしていられません。特に11月ともなると、かなり日が短くなってきたので気がせきます。

  ようやく仕事が終わったころにはもう日没間近。でもこのタイミングなら・・・

171106-(2).jpg

  美嚢川の水面に輝く夕日、そこにやってきた下り電車。

171106-(8).jpg

  今回掲載している写真はすべて、色の調整は一切していません。まさに黄金の夕日。

171106-(12).jpg

  入れ替わりにやってきた上り電車。

171106-(13).jpg

  水鏡がいい感じ。

171106-(14).jpg

  あっという間に落ちてゆく秋の太陽。空にひとときの芸術作品を残してゆきます。

FC2Ad