FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

Welcome~まくら木日記について

bbstop3.jpg


  ようこそ、「まくら木日記」へ。

  鉄道趣味のサイト「トラベラーズ ノート」の管理人Yakaが公開するブログです。鉄道系の話題に限らず、日々の雑談や風景写真など、ジャンルにこだわらずにつれづれなるままに書き連ねています。

  どうぞよろしくお願いします。


※ この記事はトップに表示されるよう、投稿日を将来の日付に設定しています。
 
 
スポンサーサイト



【トップ画像】Traveler's Note 20周年

  1999年8月30日、「Traveler's Note」はインターネットの大海の片隅でひそかに誕生しました。

  そして2019年8月30日、やはりひそかに20周年を達成。

  最近では更新も希になってしまい、ただ時の経過に任せている感がありますが、それでも20年続けてくることができたというのは、我ながらすごいことかなと。

  まず、自分が20年生きていなければなりませんからね。

  その間に鉄道の状況も自分自身の環境も変わってきましたが、その中で「トラベラーズ ノート」というタイトルと「鉄道系サイト」という主旨だけは変えずにやってこれたわけですから。

  若いときのように、いろいろ試行錯誤するガッツがなくなってしまったので、現状維持が精一杯ではありますが…

top20th.jpg

  そんなわけで、20周年というそれなりに大きな節目にもかかわらず、今のところ特段の記念企画はしておらず、間に合ったのはこのやっつけ感満載のトップ画像だけ。

  元画像は2008年に廃止された寝台特急「なは・あかつき」。早くもその廃止から10年以上が経過し、いわゆるブルートレインも既に全廃。牽引機であったEF66のこのタイプ(0番台)は、JR貨物の27号機を残すのみとなっています。

  でもせっかくですので、この機会に20年を振り返る企画でもやってみましょうかねぇ…(やり遂げる自信がないので、「やります」とは明言しませんが。)

  なにはともあれ、こんな緩いペースの「Traveler's Note」ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

【トップ画像】2019.8

top1908.jpg

  2017年8月に岡山県へと遠征し、山陽本線を下る「トワイライトエクスプレス瑞風」をキャッチしたのが今回のトップ画像。緑深い木々をバックに濃緑色の車体が力強く進む、お気に入りのシチュエーションです。

  「瑞風」もデビューから早くも2年。昨年は西日本豪雨で山陽本線が長期不通になるなどの逆境もありましたが、JR西日本随一の豪華観光列車として、引き続き羨望のまなざしを受けながら山陽・山陰を走行しています。

  来年には117系を改造した「West Express 銀河」がお目見えする予定。瑞風よりお手軽な長距離観光列車となりそうで、あの元新快速用117系がどんな大胆な変貌を遂げるのかという点も含めて、楽しみな存在です。

【トップ画像】2019.7

top1907.jpg

  今年の近畿地方の梅雨入りは6月末にずれ込み、異例の遅さとなりましたが、入梅後は晴れ間がほとんどのぞかない梅雨らしい天候が続いており、この状況はしばらく続きそうです。

  梅雨さなかの7月ですから、この時期に撮影する写真は大体あまりすっきりしない空模様になります。今回は時々訪ねる岡山県倉敷の中庄付近にて。天気が良ければ花や電車の色がもっと映えるところですが、こうしてくすんだ色もこの時期らしい風景といえます。

  ステンレスの213系を除き、岡山を走る電車(113,115,117,105系)はほぼこの黄色一色になりました。(一部湘南色編成あり。)全国的に国鉄世代車両が急速に姿を消す中、岡山エリアの車両の置き換え話はまだ聞かれません。しかし広島や和歌山など、国鉄世代の牙城を思われていたエリアでも近年更新が進んでおり、こうしたベタ塗り電車が走る風景もいつの間にか過去のものになっているかもしれません。

【トップ画像】2019.6

top1906.jpg

  6月は梅雨の時期ですが、合間には意外と好天に恵まれる日もあり、田植えのタイミングが合えば見事な水鏡を見られるチャンスもあります。

  6月のトップは山陽電鉄線を走る阪神車の直通特急。幼少期に阪神沿線に住んでいた私にとって、阪神の特急は赤とクリーム色の「赤胴車」でしたが、今そのカラーは武庫川線の車両にわずかに残るのみ。現在8000系などに使用されているのは、阪神なのに読売巨人のイメージカラーであるオレンジ色。(これが「ジャビット色」と揶揄されたためか、近鉄との直通用である1000系などは、タイガースらしく黄色と黒を採用しています。)

  そのオレンジ色がくっきりと田んぼに映った1枚。じきに田植えが始まるので、天気との兼ね合いもあってこうしたタイミングで撮れるチャンスはなかなかありません。

  さて今年はそんな機会があるのでしょうか。