FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

[旅日記]京都鉄道博物館へ(3)

  (2)より

  これよりお目当ての京都鉄道博物館へは、梅小路公園を突っ切って行くことになる。広場は家族連れで賑わい、往来が盛ん。右側に見る京都水族館も相当な人出で、魚より人の方が目につきそうだ。鉄道博物館もこんな調子なんだろうな、と戦々恐々。

  歩いて行くと、こんなところに・・・

d19105.jpg

  京都の市電が。どうやら観光案内所として使われているらしい。

  日本の路面電車は1895年、ここ京都で最初に運行が開始されたという。営業用の電車としてもこれが日本初であり、電力は琵琶湖疎水を利用した初めての水力発電でまかなったという、初めて尽くしの電車だった。

  さらに進むと、

d19106.jpg

  「市電ひろば」。停留所を模したスペースに4両の車両があり、こちらはショップやカフェとなっている。

  最盛期には碁盤目状の京都の街に広く路線網が巡らされ、路面電車が縦横無尽に走っていたというが、1978年に全廃。高度成長期に多くの都市から路面電車が姿を消したが、特に京都は規模が大きかった分だけ、モータリゼーションを妨げる存在として目の敵にされてしまったのかもしれない。

  昭和後期の大粛清を生き残った路面電車は、現在LRT導入などでそれなりに復権を遂げているものもあるだけに、もし今も京都に市電が残っていれば、という「たられば」をどうしても考えてしまう。これだけ外国人客が増えているので、観光資源としても活用できた可能性がある。あの京都駅でのバス待ちの大混雑も、いささか様相が変わっていたかもしれない。

  さて、この「市電ひろば」からは線路が延びている。そこに姿を現したのは・・・

d19107.jpg

  レトロな雰囲気のチンチン電車。この先「すざくゆめ広場」までの200mほどを行ったり来たりしている。片道150円で乗れるので、クマ子の勧めもあって乗車してみることにする。

  この車両、「狭軌1型」と呼ばれ、明治後期に製造され、最初に路面電車を開業させた「京都電気鉄道」が京都市に買収された際に譲渡された。買収後唯一狭軌(JRなどと同じ線路幅)で残った堀川線で使用され、1961年(昭和36年)の同線廃止まで活躍を続けたという。

  そして1994年(平成6年)、この27号が当初の姿に復元されて梅小路公園を走るようになった。もとのパーツがどれほど残っているかはわからないが、レプリカではなく明治の車両そのものが残っているというのが興味深い。現在では蓄電池駆動になっているので架線はないが、折り返す際には運転士が屋根のトロリーポールをワイヤーで引っ張って、きちんと向きを転換する。その運転士から2枚の切符を買って車内に乗り込む。

d19108.jpg

  車内もこのとおりのレトロ調。

  進み出した電車は床の下からゴロンゴロンと振動を伝え、車体をきしませながらゆっくりと走って行く。S字のカーブを抜けると、もう終点が見えてくる。ほんの少しではあったが、明治から平成まで100年以上、4つの時代を超えてきた電車に乗車できたのは感慨深い。しかももうじきすれば、令和を含めた5つの時代となる。

  すざくゆめ広場にも市電の車両が幾つか置かれている。特に屋根のない場所で野ざらしになった車両は惨めなほど劣化し、いっそ解体されていた方がよかったと思えるものが少なくないが、梅小路公園の車両はどれも状態は悪くない。27号の動態保存を含め、路面電車発祥の地としての京都のプライドが感じられた。

  (続く)
スポンサーサイト

[旅日記]京都鉄道博物館へ(2)

  (1)より

  京都駅から約10分、「京都水族館前」バス停で下車し、向かった先は・・・

d19102.jpg

  こちらのカフェ「ボッシェ」。(店舗サイト) 売りは京都の豆腐を練り込んだパンケーキだとのこと。

  鉄道博物館内でも飲食はできるが、いかんせん連休中とあっては、食事だけで何十分も待たされるのは目に見えている。しかも子ども向けのメニューが多そうで、話の種にはなっても食事としては満足できそうにない。ならば入場前に、しかも昼食時間より早めに腹ごしらえをしておこうというわけだ。この界隈で、「京都らしい」メニューがあって、しかもクマ子も満足できる店を・・と検索してヒットしたのがここだった。

  11時の開店後まもなくの入店だったが、既に先客がいる。少し遅くなれば待たされる羽目になったかもしれない。ここまで矢継ぎ早の乗り継ぎと人の洪水に流されながらやって来て、ようやくひと息つける。

  もちろんメニューはパンケーキだけでなく、この時間だとパスタランチなどもあるのだが、「売り」であるパンケーキを食べなければここに来た意味がない。注文を受けてからじっくり焼いてくれるそうで、しばらく待たされる。

d19103.jpg

  まずは「宇治抹茶と白玉のパンケーキ」、メニュー表に「人気No.1」とあったのを無難に選択。おそらくこの店の定番、まずこれを食べてくれというメニューだろう。老舗の宇治抹茶を使用しているとのことで、和と洋のコラボという感じの京都らしいチョイスか。アイスと白玉団子もいい仕事をしている。

d19104.jpg

  こちらは期間限定の「さくらのパンケーキ」。「期間限定」、このフレーズにはついつい負けてしまう(特にクマ子)。もうそろそろ桜は季節外れになりつつあるが、目に優しい配色に和む。

  二人でシェアして食べるため、変に崩さないよう慎重にいただく。肝心のパンケーキはふわっともっちりという風で、これまでに味わったことのない食感。上手にレビューする文才も、食べ比べた実績もないので下手なコメントは控えさせていただくが、量もほどよく、満足度の高いものだった。各所に観光スポットのある京都にあって、この界隈は比較的穴場ということになろうが、良い店を見つけたと思う。

  ここで英気を養い、いよいよ梅小路公園へと向かってゆく。

  (3)に続く

[旅日記]京都鉄道博物館へ(1)

  ついに怒濤の10連休も終わり、ようやく通常運行に戻りました。その連休期間中に京都の鉄道博物館に行ってきました。その旅日記を順次掲載します。なお、後でサイトの旅日記に転載する予定のため、それに合わせた体裁としています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

  「平成」も残りわずかとなった4月30日、クマ子と京都へ出かけることになった。

  目指すは「京都鉄道博物館」。もとの「梅小路蒸気機関車館」に、大阪弁天町にあった「交通科学博物館」を統合するかたちで拡張し、日本最大規模の鉄道系博物館として2016年にオープンした。蒸気機関車館時代に数回訪れており、それがどのように変貌しているのか常々気になっていたが、なかなか足を運ぶに至らず3年が経過していた。

  2019年のゴールデンウイークは、天皇の代替わりに伴って10連休という大型連休となったものの、私の仕事にはあまり関係がなく、二人共に空けられるのが4月30日だけ。その貴重なフリーの一日、クマ子には完全に私の趣味に付き合ってもらうことになった。

  今回は神戸市営地下鉄の総合運動公園駅からスタート。

d19101.jpg

  一番手は北神急行の7000系だった。綠基調の市営地下鉄車両の中にあって、北神急行は茶色ラインなのですぐ見分けがつく。クマ子でさえ、「この電車なんで綠ちゃうん?」と聞いてくる。説明しだすと難しい話になるので、「電車を持ってる会社がちゃうねん」とだけ答えておく。

  北神急行は新神戸~谷上間 1区間だけの鉄道である。市営地下鉄西神・山手線(新神戸~西神中央)と一体で運用されているが、こちらは市営ではなく阪急などが出資する民間鉄道。ただし線路などの施設は神戸高速鉄道に売却し、現在はその線路を借りて運行するかたちを取っている。・・・と自分で書いていて訳が分からなくなってくる。

  そのような微妙な立ち位置の鉄道であるが、ここ1年半ほどの間に神戸市交通局に資産を譲渡し、地下鉄と本当に一体化することになった。市営地下鉄はホームドアを導入するために既存車両をすべて新型に置き換えるとしており、そうなればこの茶色ラインの電車も見納めとなるだろう。

  総合運動公園を出ると、電車は競技場の脇へ進むが、その際に山陽新幹線の線路とクロスする。一瞬のことだが、新幹線が他の線路の下を走るという珍しい構図である。車両基地を右手に見て、次は名谷

  この路線は名谷までは、地下鉄と言いつつ主に地上を走るのだが、名谷から先は名実共に地下区間がほとんどになる。トンネルなので特に見るものはなく、総合運動公園から20分余りで三宮に着く。

  JRの三ノ宮駅に向かうと、さすがゴールデンウイーク、混雑ぶりにちょっとひるむ。神戸でこれなら京都は一体どんな有様だろうか・・・。その京都に向かって新快速に乗る。いつもながらの混雑だが、大阪で客の入れ替えに乗じてドア際の補助席に座る。

  新大阪を過ぎると大阪郊外へと向かってゆくが、茨木、高槻へと進むにつれて、今も屋根にブルーシートがかけられた家や足場に囲まれた建物が散見される。昨年6月の地震や9月の台風のダメージが今なお癒えていないのだ。あまりに災害も頻発して、どうしてもインパクトの強い方に関心が向けられてしまうが、当事者にとって問題は決して終わったわけではない。

  三ノ宮から1時間弱で京都に着。改札に向かう人の波は三ノ宮の比ではない。なんとか改札を抜けるとそこにも人の群れ。噂に聞くとおり、外国人観光客がとにかく多い。あまりの多さに日本人がひるんであまり来なくなったとも聞くが、日本人だって負けず劣らず多い。清水寺に向かうバスの乗り場に、まるでイベント会場のような長蛇の列ができている。散々待ってぎゅうぎゅうのバスに乗って、着いたらまたそこで待たされて・・・いつ辿り着けるやら分からない。

  今春、京都鉄道博物館の最寄り駅として「梅小路京都西」駅が開業したので、鉄道博物館に行くならJRに1区間乗れば済むのだが、その前に行っておきたい場所があるので、あえて梅小路公園行きのバスに乗る。こちらの乗り場にも大変な行列ができていて圧倒されるが、ほとんどは金閣寺行きのバスを待つ客で、自分たちはすんなりと目的のバスに乗り込めた。(※昔蒸気機関車館に行くつもりでバスに乗ったものの、あまりの混雑で降りられず、結局金閣寺まで連れて行かれてしまったことがある。今回は金閣寺には向かわないバスなので助かった。)

  ちなみにここまで、北神急行の電車の写真しか掲載していないのは、あまりの人の多さと乗り継ぎのせわしさで、写真を撮る暇がなかったためである。

  (2)に続く

布引ハーブ園へ(2)

  ロープウエーが山頂駅(標高397m)に近づくにつれて、木々に雪が積もるようになってきました。

190211-(40).jpg

  ちょっとした雪国気分ですね。

190211-(42).jpg

190211-(52).jpg

  展望プラザも寒々と。

190211-(43).jpg

  神戸の町並みも白く煙ってしまいましたが、これはこれでなかなか見ることの出来ない光景ですね。

  寒いのでレストハウス内へ。

190211-(57).jpg

  野良なので触るとひっかきますよ、と店員さん。その割にここまで入り込んで堂々と寝ているのは、肝が据わっているというか。

  時間が許せばここから中間駅へ散策するのが良いのですが、あまり余裕がなく、天候もこの有様なのでそれぞれお土産など買って、そのままロープウエーで下山。東京の友人たちも楽しんでくれたようですが、次は気候の良い時に連れてきたいものです。

布引ハーブ園へ(1)

  多忙な日が続き、ブログ更新がおぼつかず申し訳ありません・・・

  2月11日、東京から来た友人たちを連れて神戸市街へ。

  半日ほどしか観光できる時間がないので、とりあえず神戸を一望できる「布引ハーブ園」を目指すことにしたのですが・・・

  寒波襲来で朝から雪!

190211-(7).jpg

  滅多に雪の降らない我が家でも、一時この有様に。

  予定より時間を遅らせて出発。JR沿線は既に雨に変わっており、雪の影響はありませんでした。

190211-(27).jpg

  新神戸駅に近い山麓駅(標高67m)からロープウェーに乗って、いざ山上へ。

190211-(30).jpg

  天気が良ければ抜群の眺望ですが仕方ないですね。来ることができただけよしとしましょう。

190211-(32).jpg

  布引の滝。途中の「中間駅」(標高253m)まで、眼下に広がるのは険しい山の風景。

190211-(36).jpg

  中間駅を過ぎると・・・雨が雪に。

FC2Ad