FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

蓮と新幹線

  よく新幹線の写真を撮る大久保付近にて。蓮の花を交えた写真です。

蓮2

蓮3

蓮1

  残念ながら、まだあまり花がない時でした。時期が合えばまた足を運びたいものです。
スポンサーサイト



日食を撮った

  いよいよ、世間を騒がす皆既日食の日がやってきました。やはり天候は今ひとつで、せっかく離島まで足を運んだのに、無情の雨にさらされた場所もあったようです。

  私の住む地域は、雨は上がったものの薄雲が晴れず、ピークの11時前後は結局、ちょっと空が暗くなったな~という感じでした。ただし、まれに薄日が射し、ちょうど薄雲がフィルターのようになって、肉眼でも太陽の欠けている様子が確認できました。

日食1

  ※ 上写真は露出を落として、実際より暗く撮影しています。

  午前中は出先だったので合間に数枚撮っただけですが、昼には帰宅したので、父が職場から拝借してきたという「溶接時に使う遮光ガラス」とやらを当てて、終わりかけの日食を撮影。

日食2

月食の話

  今日も荒れた天候となっています。悶々と過ごすのもなんなので、気分転換を兼ねてBLOGを書いているわけですが、これで今月10件目の記事となります、2ヶ月連続で2桁に達するのは、実は初めてだったりします。

  さて、日食に関連して、月食についても調べてみました。

  月が太陽を隠す=地球に月の影が映るのが日食なのに対し、月に地球の影が映るのが月食です。日食は地球上の一部でしか見えませんが、月食は地球そのものの影なので、月が出ている時間帯であればどこでも見られます。そのような理由で、発生頻度そのものは日食のほうが多いものの、観察機会は月食の方が多いのだそうです。

とってもおおざっぱな略図
日食月食

※ 上記「日食の場合」で「ここでしか・・」と書いているのは、厳密には皆既日食のエリアです。部分日食の範囲はもっと広くなります。

  次回の観測できる月食は、2010年1月1日の未明早朝。ただしこれは影がかすめる程度のようです。その後は6月26日晩に部分月食、そして12月21日夕方に皆既月食が見込まれています。2011年6月16日早朝にも皆既月食。

  皆既月食では、月が地球の影にすっぽり入ってしまいますが、屈折した光が反射することで月が赤銅色になるそうです。一度お目にかかりたいもの。・・覚えていれば。

  実は私、天文学のほうはあまり詳しくありません。高校でも専攻していたのは化学と物理。好きだったのは化学で、これをこう混ぜたらこんな理屈でこう反応して・・と、「原因と結果」がはっきりしているからです。物理のほうは、公式等々覚えるのが苦手だったので今ひとつでした。(暗記というのが基本的に嫌いなのです。)

  天体の運行は何時何分何秒まで予め決まっていますが、実際に楽しめるか否かは、そのときの気まぐれな天候に左右されます。そんなところが、鉄道の旅にも通じるところです。

日食の話

  明後日の日食については、別記事に書いた通り、天候に恵まれなさそうですが、調べてみたところ、部分日食であればそこそこ頻繁にあるようです。

  こんなサイトを見つけました。→http://star.gs/njmirai/njmirai.htm

  今後数年間に起きる日食のうち、神戸で現実的に観測できそうなものを挙げてゆきます。

日付 開始時刻-最大時刻-終了時刻 最大食分 の順。
2009.07.22 09:47-11:05-12:24 0.83
2010.01.15 16:48-17:11(日没) 0.29
2012.05.21 06:17-07:29-08:53 0.94(※)
2016.03.09 10:06-10:58-11:51 0.22

  ※2012年の日食では、月の陰が太陽にすっぽり入る「金環食」が見られるようです。

  なお、日本国土内での次回の皆既日食は2035年9月2日となり、このたびは本土でも見られるようですが、そのときまで生きていれば、私はいわゆる還暦の歳・・

  ちなみに私は、中学生のときに学校で部分日食を見た記憶があります。該当するのは、1987年9月23日もしくは1988年3月18日で、いずれも太陽が最大約2/3隠れたようです。そのときは色つきの定規を通して見たと思いますが、実際には危険な観察方法だったようです(汗)

四分の一

  「十年の旅百景」、現在#025まで進み、全体の1/4に達しました。

  自分なりの分析ですが、私の文章は説明口調になりがちで、詩的・物語的な書き方はいまいち苦手にしています。基本的に感性より理屈から入る‘理系脳’なのでしょう。流れるように直感的な文章を書ける人がうらやましいのですが、無理をしても不自然になってしまうので、自分はあくまで自分の馴染むような仕方で書くようにしています。

  そんな中、この「十年の‥」は、自分なりに「感想重視」のスタイルを取っています。・・と思って書いているのですが、見返すとやはりあまり変わっていません(苦笑)。手書き文字の筆跡が、上手下手を問わずその人独自のものであるのと同様、書き手の癖というのも、なかなか意図して変えられるものではないようです。

梅雨明け間近・・と思いきや。

  「梅雨明け間近」という記事を書いたのが5日前。このぶんでゆけば、今話題の、明後日22日(水曜日)の日食も大丈夫と思っていたのですが、そこから梅雨前線が居座ってしまい、どうやら本土では望み薄のようです。残念。

  岡山では竜巻で家が全壊するなど、梅雨末期らしい暴れようですが、週間予報を見ても快方に向かう気配はなく、梅雨明けはかなりずれこむことになりそうです。私はこうした気候の変動にどうも弱くて、ここ数日は悶々と過ごしています。

  エルニーニョ現象が起きるときには、夏は太平洋高気圧の張り出しが弱く、冷夏・多雨になるといわれますが、その傾向が現れているのかもしれません。

ひまわり祭り

  兵庫県の西端に位置する佐用町ではこの時期、「南光ひまわり祭り」が開かれます。旧南光町の幾つかの場所にひまわり畑が設けられ、一面の花を楽しむことができます。

  昨年7月14日、仕事で宍粟市山崎町まで行く機会があり、その後足を伸ばして訪問しました。そのときの写真です。(この写真は、昨年BLOGで紹介しようと準備していたのに、タイミングを逸して上げていなかったものです。1年ぶりに日の目を見ました。)

080714-(11).jpg

080714 (02)

080714 (06)

  青空に映える黄色の大輪。私の大好きな花の一つで、元気が出ます。ただこの日は猛暑で、道路際の温度計に出た「35℃」の表示にゲンナリ。そんな状況だったので、あまり見て回ることができずに残念。

080714-(19).jpg

  なお、入場には、協力金として一人100円を徴収されます。詳しくは下記佐用町のサイトにて。

http://www.town.sayo.lg.jp/kakuka/shoukoukankou/himawari_info.html

梅雨明け間近

  昨日、新しいパソコンが届き、ようやく一通りのセッティングが済みました。例によってDELLパソコンの「ヤドカリ作戦」ですが、今回はスペックそのものは以前より若干ダウンしました。(ただ、今のところ体感的には大差ありません。)今度こそ、長持ちしてほしいものです。Windows7が普及する頃までは・・

  ということで晴れて、今後は通常運行に戻ります。「十年の旅百景」の更新も、ぼちぼち行ってゆきたいと思います。

  さて、ちまたではそろそろ、梅雨明けの知らせが届きだしています。近畿はまだもうしばらくすっきりしないようですが、夏らしく気温が急上昇しだしました。冬よりは夏の方がましな私ですが、夏風邪を引いたり胃が痛くなったりと、やはり厳しい時期であることに変わりはありません。

  一昨日、午後の時間が空いたので、姫路方面へ出かけてきました。下の写真は夢前(ゆめさき)川にて姫新線の列車を。ここは初めての場所ですが、それ以前に降っていた雨がちょうど上がって晴れ間が出、最高の水鏡写真に。

キハ127

  同じく姫路の市川橋梁では、特急「はまかぜ」などを撮る。こちらは向き的には逆光なのですが、今度はちょうど日が陰って、良い感じに。

はまかぜ市川

続々・困ったパソコン

  まずは残念なお知らせから。

  「トラベラーズ ノート」の更新が、しばらくできなくなるかもしれません。

  理由は、これまでこのBLOGで書いてきたように、パソコンの不調が深刻化し、いつ操作不能になるか分からない状態に陥っているためです。先刻も、「ホームページ ビルダー」でのサイト作成中に、突然落ちてしまいました。

  仕事で使っているパソコンでもあり、現在、早急に新しいパソコンの手配をと考えているところで、しばらくはそちらに専念するしかなさそうです。このBLOGや掲示板は、家族のパソコンでも書き込めるので、ちょくちょく書き込みたいとは考えています。

  幸い、ハードディスクに関するトラブルではないので、データ損失の危険は少ないのですが、現状では起動しているだけでリスクが高まってしまうため、サイト更新などの込み入った作業は控えざるを得ないところです。

  今はパソコンにお金をかけられる状況にないので、また安い箱を手に入れてヤドカリする格好になるかと思います。諭吉さんに出て行かれるとちょっと困るので、一葉さん+αくらいの損失に収まってくれればよいのですが・・

続・困ったパソコン(泥沼化)

  パソコン話の続きです。タイトルを見れば、展開は推して知るべしだと思いますが・・

  結局、強制電源off問題は解消せず、もう一度システムの入れ直しをしましたが、状況は変わりません。というわけで、ハードウエア的な問題である可能性が高くなりました。

  メモリを疑ってエラーチェックをかけてみたものの、こちらはシロ。で、ネットで調べてみると・・

  このDell OptiPlex GX270という機種は、マザーボードのコンデンサの耐久性に難があるケースがある模様。

  で、中を開けて見てみると、どうもそれっぽいコンデンサを発見。円筒状の部品ですが、てっぺんが少しふくらんで、液漏れのようになっているのが1本。これが原因と断定はできないものの、可能性は高そうです。

  コンデンサの交換はとても素人の手に負えるものではなく、中古品ゆえメーカー修理も不可。これは参った。

  とりあえず当面は、「ここで落ちる」という地雷を踏まないよう、だましだまし使いつつ、後継者を捜すしかなさそうです。半年前に、安くで手に入ったと喜んだのに、こんなことになろうとは・・・

  <追記>

  Internet Explorerでネットを閲覧していても突然落ちるなど、いよいよおかしくなってきました。これまではある程度、この作業をすればこうなるという予測が立ったのですが、前触れなしに落ちるようになると、危なっかしくて使い物になりません。

  最後の手段として、今リカバリをかけていますが、ハードの問題なのであれば、おそらく無駄でしょう。この追記部分は、家族のパソコンで入力しています。なれないキーボードなので打ちにくい・・

  ここの記事に、今の自分と同じ症状が書かれています。やはりコンデンサの疑いが強いのですが、よく見ると液漏れしていた1本以外にも、てっぺんの膨れたのが何本かありました。

  というわけで、早急に次を手配する必要がありそうです。

困ったパソコン

  ここ二日ばかりは、マイパソコンと格闘していました。ようやく一段落ついたところです。

  今のパソコンは2月に中古で入手して、以降難なく使っていたのですが、少し前から、スタンバイ状態にすると復帰ができないなど、やや挙動不審な様子がありました。

  ところがここへきて、使用中に突然電源が落ちてしまうことが頻発、作成中のデータを失うことも。こうなると、パソコンサポートを業とする自分としては、対処しないわけにはゆきません。

  どういう条件で落ちるのかと検証した結果、どうも写真編集用のPhotoshopElementsでPSD(Photoshop用の画像形式)ファイルを開こうとした場合と、AdobeReaderでPDFファイルを閲覧したときに発生する模様。エレメンツがまともに使えないとなると、サイト作りには致命的です。一方で、時にはパソコンを起動してスタートメニューを開こうとした途端に、プツンとなる場合も。結局、何が決定的要素なのかは判明しませんでした。

  システムの復元やドライバ、ソフトの再インストールなど試みたものの改善せず、パソコンへのダメージも考えるとこれ以上使い続けるのは怖く、結局2月のインストール後に作成したイメージファイルを使って復旧させました。微妙な敗北感がありますが、今後のことも考えると一度すっきりさせた方が良いでしょう。

  とりあえず今は挙動は落ち着いていますが、半年前のシステムに戻ってしまったので、これからまだ、ソフトの入れ直しなど手間暇かかりそうです。こんな調子なので、「十年の旅百景」の更新も遅れるかもしれません。

十年の旅百景

  サイト10周年企画、「十年の旅百景」を開始しました。とりあえず、#000-#005までの公開です。

http://www.yline-w.com/tnote/10th.html

#003 最上川にて
003最上川

  99年から順に上げてゆきますが、初期はまだデジカメがない時代で、フィルムカメラでの撮影です。このため、新しい写真と比べるとノイズが多かったりして、修正も多くなっています。ただ、できるだけ当時の雰囲気を鮮明に伝えることを目指しています。

  今後順次、追加してゆきます。