FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

ビデオ編集

  姪が来ていた2週間ほどの間に、60分テープにして3本分近いビデオを撮影しました。となるとその先に待つのは、その編集作業・・

  動画サイトにアップするような動画はこれまで作成していますが、これらは長くて10分以内の短編作品。テーマがはっきりしているので、過去の映像データから拾い集めればOK。対して今回は、DVD1本に収めるために、3時間近いものを1時間にまとめる必要があり、この「削る」作業は意外と手間がかかります。

  なぜなら、少なくとも撮った時間ぶん動画を見なければならず、さらにどこを削るか検討するために、何度か見返してゆかなければなりません。あとは尺との勝負。収まらなければ、優先度の低いもの(似たような場面が他にあるような場合など)を削るため、再び検討作業。

  しかしこういうのは、間をあけるとかえってイメージが飛んでしまい、億劫になってしまうのがオチ。勢いで一気に仕上げなければなりません。というわけでここ数日はそちらにかかりっきりで、今夜ようやくひととおり仕上がりました。実際結構な大仕事でしたが、ともあれ完成してやれやれです。
スポンサーサイト

プリンター買い換え

  2週間にわたって帰省してきていた妹と姪が東京へ帰りました。生後6ヶ月の姪には家族皆デレデレで、ずいぶん和ませてもらいましたが、帰ったあとは火が消えた寂しさと、イレギュラーな日課が続いた反動が来て、揃ってお疲れモードです。

  さて、そんなさなか、私が使用してきたプリンターがついに壊れてしまいました。

  プリンターは、EPSONのインクジェットと、主に仕事用のモノクロレーザープリンターを使っていますが、このインクジェットのほう、顔料インク使用機の出始めだったこともあってか、もともとよくインクの目詰まりを起こしていました。

  インクジェットの多くは染料系インクを使用しており、写真などの微妙な色合いや光沢を出すには向いていますが、水に滲みやすいという欠点があります。顔料は滲まず、普通紙でも印字がくっきり出ることから、印刷物的なものを作るのに向いているとのこと。もともとプリンターで写真をガンガンという用途は想定していないので(そんなことをするとランニングコストが・・)、それでいいやと決めたわけです。が。

  4色インクのどれかがまだらになって、ヘッドクリーニングをするわけですが解決せず、別の機会にもう一度印刷すると、何事もなかったように普通に印刷・・。こんなことがよくありました。クリーニングには結構インクを消費するので、これはEPSONの策略か、と恨み言をつぶやきながら、そんな気まぐれさんをだましだまし使ってきました。

  しかし先日、黒インクを新品に替えたのを機に、黒が全く出なくなってしまいました。数回ヘッドクリーニングを繰り返しても無駄。ふたを開けて中を覗くと愕然、インクがあちこちにべったりこびりつき、隙間からしみ出てきている有様。そういえば送られてくる紙が妙に汚れていることもありましたが、この状況でこれまで印刷ができていたのが、むしろ不思議なほどでした。

  そういうわけで今日、近所のJ店で売られていた、EPSONのPX-402Aなる、一番安い複合機を買ってきました。広告の品で、更に10%引きになる葉書が来ていたので、その提示で5000円少しで買えました。インクを4色分買えば4,000円程することを考えると、機械本体は実質1,000円台・・何という投げ売り。こういう印刷機器は全般に、ランニングコストで稼ぐスタイルなので、それでも良いのかもしれません。

  スキャナーは別に持っているので、別に複合機である必要はなかったのですが、なぜかプリンター単体のほうが高かった。(スキャナ機能が割安で付くのは一見お得に思えますが、各機能の質がそれだけ落ちますし、構造が煩雑になるぶん故障のリスクが高まるので、必ずしも良いこととは言えません。)

  これまた顔料インクですが、以前よりは改善されていることを期待。(本当は今回辺りCANONに鞍替えしようかとも考えたのですが、5,000円台に負けました。)しかしこの機械、とにかく音がうるさい。昔のプリンターのような、モロの駆動音がします。そして印刷速度は遅め。

  ちなみに調べると、前のプリンターを購入したのが、2004年5月30日。きっかり6年でのリタイアとなりました。当時におけるエントリーモデルで、1万円余のものでしたが、内部をインクでベタベタにしながら、よくここまでやってくれたと思います。

姪の話

  妹が姪を連れて帰省してきて6日目。最初は何かと泣き叫んでいた姪ですが、すっかり環境に馴染んだようで、リラックスして過ごしているようです。

  数日前、初めて抱かせてもらいましたが、そのときは即大泣きされ、いささかのショックを受けたおじちゃんですが、今では全く平気になりました。この順応性は大したものです。分けて欲しいくらいです。

  ある人に「○○[姪の名]ちゃんはどう?」と聞かれ、「ええ、かわいいですよ」と質問自体にはごく普通に答えたのですが、「今の表情が物語ってるわ」と言われました。自分の表情は見えませんが、なんともいえないデレデレ顔だったんでしょう。ああ恥ずかしい・・

北条鉄道点景

  兵庫県小野市~加西市(ほとんどの区間が加西市ですが)を走る北条鉄道。「トラベラーズ ノート」でも紹介していますが、比較的身近にありながら、実は最近まで、あまり関心の対象にならない路線でした。

  追いだしたのは特に、2008年の廃止が決まった三木鉄道に注目した2007年ごろからです。両者は同時に国鉄から切り離されて発足した、いわば兄弟分。車両も同じタイプを入れてきた経緯があります。

  実際に追ってみると、三木鉄道よりいろんな風景に出会えて、興味深い路線であることに気づきました。景色そのものに特に際だつものはありませんが、自然が近いぶん、春は桜、菜の花、れんげ。田んぼの水鏡、秋は稲穂と、季節折々の「らしさ」と絡めやすく、どこででも「絵になる」風景になります(いわゆるローカル線でも、そういう路線は意外と少ないものです)。

  比較的気軽に出向ける場所で、昨年からは、元三木鉄道の車両(ミキ300-104→フラワ2000-3)が移籍したこともあり、最近では出かける機会が増えています。

  というわけで、その数枚を紹介します。

2009年5月、播磨横田~北条町間にて。
090518-(7).jpg

  この紫の車体(フラワ2000-2)は、お気に入りのカラーリングです。藤の花のようで、この時期の青空、そして緑によく合います。

2010年4月、播磨横田駅。
100410-(9).jpg

  播磨横田駅、ここはホームの桜が立派です。八重桜のピンクが、朝日に照らされ映えます。列車はフラワ2000-1。

2010年4月、法華口駅。
100414-(8).jpg

  ここは対向ホーム跡の桜が見事で、撮影者の姿を見ることがあります。桜から若葉へ。我ながら素晴らしい青空が撮れました。

  ちなみに、北条鉄道のサイトは最近更新されておらず、どうしたのかと思っていましたが、5月8日にリニューアルしたらしく、あか抜けなくて構造の分かりにくかったのが一転、洗練されたページとなりました。

さくらんぼ

  3月に、我が家のさくらんぼの花を紹介しましたが、今ちょうどその実が見頃を迎えています。

100516-(1).jpg

100516-(2).jpg

  熟れだした時点では、なんと150個ほどの実がついていましたが、やはり鉢植えでは限界があるのか、現状その3分の1ほどになってしまいました。赤い実がつややかで目を引きますが、食用には小さく、観賞用かなというところです。

  ちなみに、その苗木の送り主である妹が今、娘(私の姪)を連れて帰省してきています。ちょうど約6ヶ月、人見知りが激しく、まだまだ懐いてくれそうにありません・・(_ _;

5月の播但沿線

  近頃また天候の不順な日が多いためか、いまいちすっきりしない体調です。そんなわけでサイト、ブログ更新も省エネモード。写真多用で手を抜きます(苦笑)。

  新緑が出てきたかと思うと、夏に向けて一気に季節が進んで行き、本来気持ちの良い時期ですが、今年はすでに梅雨の走りかと思える天気の悪さ。GW期間中が良すぎたか・・

  というわけで、昨年の同時期、播但線沿線に出かけたときの写真を。

090511-(19).jpg

  お気に入りの1枚。電車にデザインされている「銀の馬車道」とは、明治初期、飾磨港と生野を結んだ馬車専用の産業道路。生野銀山は今はありませんが、当時における「高速道路」は、富国強兵の時代の一助となったことでしょう。電車の黄色いデザインが、風景とマッチします。

090511-(23).jpg

  今月のサイトトップ画像と同じ列車を撮ったもの。キハ181系の特急「はまかぜ」も最後の1年を迎えました。今年中に今一度、しっかりとらえに行きたいものです。

090511-(24).jpg


  沿線では既に田植えの始まっている場所も。あわよくば「水鏡」を、と狙ったものの今ひとつ。なかなか条件は揃わないものです。

駅#084 小野駅

おの:神戸電鉄粟生線

  私が高校時代の3年間利用した駅で、思い出深い場所です。

  1991年に駅舎が建て替えられ、それまでの木造平屋から3階建ての駅ビル併設の橋上駅に。それまでの駅には手製の座布団を敷いたベンチなどがあり、列車の時間が近づくまではそこで待っていました。橋上化で駅は立派になりましたが、そうした風情は失せ、ただの通過点になってしまいました。

  しかも橋上化により、乗り降りには3階部分まで登って降りなければならなくなりました。エレベーターが設置されているとはいえ、駅舎から構内踏切でホームに達していたそれまでにはなかった、余分な動きです。小野市の玄関口にと意気込んだのでしょうけれど、本当に利用者を益する改築だったのか?と、今もって疑問を覚えます。

100503-(3).jpg

  この改築に合わせて、駅南西側(従来の駅舎の反対側)に新たに道路とロータリーができました。この道を直進してゆくと、JR加古川線小野町駅に達します。なお、JRの「小野駅」は小野市にはなく、長野県(中央本線)と滋賀県(湖西線)にあります。

ono1.jpg

  先日、久々に小野駅を訪ねました。通学当時は日中30分おきでしたが、現在は鈴蘭台~小野間は15分間隔の運転となっています(小野~粟生間は30分間隔)。しかし粟生線利用者が当時より半減しているという実態を反映して、駅も閑散(休日だったせいもありますが)、小野駅そのものも合理化に伴って無人化されています。駅ビルも空室が多く、進学塾がなんとか埋めているという現状。

日中2本に1本は小野で折り返す
100503_kobea.jpg

  小さくも味のあったかつての小野駅を思い出すにつけ、90年代前半までの右肩上がりに踊らされ、身の丈に合わない無茶振りをしたツケに苦しむ神鉄の姿が、ここに象徴されているような気がしました。

神戸電鉄再発見

  今年のゴールデンウイークは、期間を通じて好天に恵まれ、最高の行楽日和だったと思います。例の割引で、高速道路は案の定の大混雑だったようですが・・

  さて、前々回のBLOGの記事のために割引切符のことを調べていて、ちょうどおあつらえ向けの切符を発見しました。神戸電鉄・神戸高速が1日乗り放題で900円。GWは特に出かける予定にはしていませんでしたが、せっかくのチャンスなので、5月3日(月)の昼から出向いてきました。地元の鉄道ですが、それ自体を「乗り鉄」するのは珍しいことでした。

  うまい具合に、その前の日に写真を撮った6000系第二編成に巡り会いました。さすがにこれまでとは一線を画した、安心感のある居住性でした。詳しくはこちらに。

  その他、そのときのことは機会があれば追々紹介して行きたいと思いますが、とりあえず三田線五社駅で撮影した、新緑を交えた列車の写真を。

kobe1.jpg kobe2.jpg

神鉄新車をキャッチ

  この4月から運転を開始した、神戸電鉄6000系第二編成(6003F)。何度か見かける機会はあったのですが撮影できず、今日やっとキャッチ。

100502.jpg

  木津駅にて。まだまだピカピカです。

乗り放題切符まとめ

  ゴールデンウイークを迎えましたが、今年は天候にも恵まれそうで、各地多くの人出が予想されています。ETC千円制度の改定を前に、車で出かける人も多いかと思いますが、鉄道派としてはやはり、こんなときこそ苦戦の伝えられる列車に乗って欲しいな~と思う次第。(といいつつ、私自身は、わざわざ混雑する時期に出かけていくなんて・・と思うくち。)

  そういう願いもこめて、ここで周辺鉄道会社が出している、「乗り放題切符」の類をざっとまとめてみたいと思います。

  こうした切符は「企画乗車券」とよばれるもので、一般に限定された期間中の1日または複数日に決められた区間が乗り放題となります。提示により、特定店舗・施設で割引などのサービスが受けられるものもあります。私鉄各社が出しているのは、自動改札機に通せるプリペイドカード状のものが多い。

  以下で取り上げるのは、現在販売されているすべてのものではなく、基本的に以下の条件に沿ったものからピックアップし、大ざっぱに紹介しています。詳細な情報は各社サイトにてご確認下さい。
  ・一日乗り放題の切符。(複数日のものは割愛)
  ・一人単位で利用できるもの。
  ・乗降自由なエリアを持つもの。(往復割引切符の類は除外)
  ・通年販売もしくは、今後当面有効なもの。

■ スルッとKANSAIサイト

大阪周遊パス
 エリア:大阪市エリアの私鉄・地下鉄・バス
 価格:2,000円 ※各私鉄の区間を含む「拡大エリア版」あり
 期間:2010.10.31まで
 施設等割引特典あり

神戸観光1dayクーポン
 エリア:神戸エリア指定区間のの私鉄・地下鉄・バス
 価格:2,000円 ※各私鉄の区間を含む「拡大エリア版」あり
 期間:2010.9.30まで
 施設等割引特典あり

■ 阪急電鉄サイト

阪急阪神1dayパス
 エリア:阪急・阪神全線
 価格:1,200円(こども600円)
 期間:2011.3.31まで

北急・モノレール 京都おでかけきっぷ
 エリア:阪急宝塚線・京都線(各支線含む)、北急、大阪モノレール
 価格:1,100円
 期間:2010.12.26まで

能勢妙見・里山ぐるっとパス
 エリア:阪急・能勢電全線、一部阪急バス
 価格:1,500円
 期間:2010.11.30まで

奈良・斑鳩1dayチケット
 エリア:阪急・大阪地下鉄・ニュートラム全線、近鉄難波~奈良間など、奈良交通バス一部エリア
 価格:2.000円
 期間:2011.4.30まで
 特典あり

■ 阪神電鉄サイト)※山陽電鉄区間と一体のものは後述

堺・住吉まん福チケット【阪神版】
 エリア:阪神・阪堺全線、南海なんば~堺間など、南海バス一部
 価格:1,600円
 期間:2010.11.30まで
 特典あり

奈良・斑鳩1dayチケット エリア:阪神全線、近鉄難波~奈良間など、奈良交通バス一部エリア
 価格:1,800円
 期間:2011.4.30まで
 特典あり

■ 山陽電鉄サイト

シーサイド1dayチケット
 エリア:山陽・神戸高速・阪神全線
 価格:2,000円
 期間:2011.4.30まで

三宮・姫路1dayチケット
 エリア:山陽・神戸高速全線(阪神三宮含む)
 価格:1,400円
 期間:2011.4.30まで

阪神・明石市内1dayチケット
 エリア:山陽西二見以東、神戸高速西代~元町、阪神全線
 価格:1,500円
 期間:2011.4.30まで

三宮・明石市内1dayチケット
 エリア:山陽西二見以東、神戸高速全線(阪神三宮含む)
 価格:1,000円
 期間:2011.4.30まで

垂水・舞子1dayチケット(阪神版)
 エリア:山陽西舞子以東、神戸高速西代~元町、阪神全線、山陽バス
 価格:1,300円
 期間:2011.4.30まで

垂水・舞子1dayチケット(三宮版
 エリア:山陽西舞子以東、神戸高速全線(阪神三宮含む)、山陽バス
 価格:800円
 期間:2011.4.30まで

奈良・斑鳩1dayチケット
 エリア:山陽全線、阪神全線、近鉄難波~奈良間など、奈良交通バス一部エリア
 価格:2,700円(明石以東版2,400円)
 期間:2011.4.30まで
 特典あり

■ 神戸電鉄サイト

奈良・斑鳩1dayチケット
 エリア:神鉄全線、神戸高速湊川~元町、阪神全線、近鉄難波~奈良間など、奈良交通バス一部エリア
 価格:2,500円
 期間:2011.4.30まで
 特典あり

■ 北条鉄道サイト

D型硬券フリー乗車券
 エリア:北条鉄道全線
 価格:800円

カレンダー壁紙2010/5

  すでに5月になってしまい、遅ればせながらになってしまいましたが、5月のカレンダーをアップします。

4:3サイズ(1024×768px)
1005(w).jpg

16:10サイズ(1280×800px)
1005.jpg

  姫新線・佐用町の播磨徳久(とくさ)付近にて。近隣では夏の時期、南光ひまわり祭りが開催される地域です(→そのようす)。この写真を撮影したのは昨年2009年5月でしたが、その後8月には洪水に見舞われて、この区間も長期運休を余儀なくされました。今では高速化も完成、がんばりを期待したいものです。

FC2Ad