FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

さらに間引き

  小雨降る中、昨日に引き続き間引きを行なってゆきます。

farm141031_01.jpg

  手前部分の小松菜も間引いて、だいぶスカスカになりました。

  ↓昨日の間引き前と比較
farm141029_03.jpg

  芽が多すぎて非常に近接しているので間引くのが大変。しかも間引くとひょろひょろで心許ない感じ。

farm141031_02.jpg

  手前が昨日間引いた部分ですが、こちらはもともと種まきの間隔が空いており、それと比べて今日間引いた奥のほうがかなり貧相な姿になっています。種まきの段階からもう少し間を空けるべきでした。これは次回以降への反省ですね。

  もっとも、昨日間引いたところも、昨日時点ではフニャフニャしていたのが今日になるとしっかり立っていたので、時間をおけばしっかりしてくるのでしょう。今あまり抜くと皆倒れてしまいそうなので、もう少し減らしたいところではありますが、今の所はほどほどにしておきます。

farm141031_03.jpg

  今日はたくさん抜きました。

farm141031_04.jpg

  このほかに間引いた水菜の新芽と合わせて、クマ子がおひたしにしてくれました。調理するとこれだけの量になってしまうのがわびしいところですが、夕方の一品においしくいただきました。
スポンサーサイト



初収穫

  Yakaファームのほうは、本格的に種をまいてから10日が経過。

farm141029_01.jpg

  一番発芽が遅かったほうれん草も、伸びてきました。

farm141029_02.jpg

  水菜の芽はこれだけ茂っています。

farm141029_03.jpg

  ベビーリーフミックス(奥列)と小松菜(手前列)。ネギの手前あたりの小松菜は先行で種まきした百均セットの種ですが、比較的大きくなっています。育たなかったのはやはり、土のせいだったようです。

farm141029_04.jpg

  このとおり、本葉が出てきました。というわけで・・

farm141029_05.jpg

  先行部分の間引きを開始。せっかく育っているのを引っこ抜くのは結構忍びない気分です。なにぶん初めてなので、周りを一緒に抜かないようにとかなり慎重に抜いたので、結構時間がかかりました。

farm141029_06.jpg

  とりあえず「一次選考」をクリアした芽たちが、1,2cmほどの間隔に。

farm141029_07.jpg

  記念すべき「初収穫」となった芽は今夜の味噌汁に。柔らかめなカイワレみたいな感じです。

15周年企画「15年の旅15選」(4)

  (3)から続く

12 斜陽の急行気動車

15th_12_20141025233543531.jpg
2010.5.8 知和~美作加茂間にて

  「みまさかスローライフ列車」として年2回因美線で走ってきたキハ58系。かつて急行「砂丘」として走っていたほか、普通列車としてこの区間で乗車したこともありますが、58系による同列車は2010年秋でラストとなりました。

  その走行エリアはほぼ全国を網羅し、若かりし日の私の鉄道旅行を語る上でも欠かせない存在でしたが、21世紀に入ると、あっという間に姿を消してゆきました。定期運転最終日は東日本大震災の発生した2011年3月11日。一世を風靡した急行気動車は、その混乱のさなかで歴史に幕を下ろしたのでした。


13 さくら、鹿児島へ

15th_13_20141025233545769.jpg
2011.7.19 出水にて

  入れ替わりに3月12日に全通したのが、九州新幹線鹿児島ルート。長らく博多を終点としていた西向きの新幹線が、ついに鹿児島まで一本で結ばれることになりました。鹿児島は私の母の出身地、そして祖父は出水の機関区に務めていただけに、関西からこの出水まで新幹線が直通するというのは、私にとっても一大事でした。

  「さくら」の名称は長らく長崎行きの寝台特急に使われていたので、鹿児島行きというのは当初違和感を覚えましたが、ともあれ新神戸駅などで「さくら・鹿児島中央行」といった案内を目にすると、本当に直通したんだと感激を覚えたものでした。

  現在北陸、そして北海道方面への新幹線建設が進んでおり、さらに列島は狭くなってゆきます。


14 ロマンスカーの旅

15th_14_20141025233545e45.jpg
2012.4.19 新宿にて

  現在並行して連載している、クマ子との珍道中「関東の鉄道めぐり+α」。その中でも登場した、小田急ロマンスカーVSE50000形です。ここ新宿まで、この先頭のパノラマ車に乗ってきました。

  小田急の名物列車ですが、クマ子と一緒でなければ乗ることはなかったかもしれません。この車両を模した「ロマンスカー弁当」を車内で購入しましたが、その容器は今も物入れに利用しています。


15 こんにちはドクターイエロー

15th_15_20141025233547509.jpg
2014.7.27 西明石~姫路間にて

  ここ2年ほど、鉄道旅行の機会はめっきり減ってしまいましたが、今年の夏に引越で、JR神戸線と山陽新幹線に近い所に移ってきました。その気になれば割と気軽に列車の写真を撮れるようになりました。そうは言ってもなかなか忙しいのですが・・

  新幹線の計測車、通称「ドクターイエロー」。神出鬼没に現われる幻の新幹線と思われていますが、ネットで調べれば運転日や時刻はある程度把握できます。そんなわけでキャッチした1枚。

  こうして状況や生活環境は変わってゆきますが、今後もマイペースでぼちぼちと、情報を上げてゆければと思います。

  (完)

生育中

  種まきから5日が経ち、だいぶ芽が出そろってきました。

farm13.jpg

  水菜。こうして見ると、結構蒔き方にムラがあったんだと気づきます。

farm14.jpg

  ベビーリーフ。

farm15.jpg

  左側が小松菜。手前の固まっているのが先に植えた部分で、奥の2列になっているのが後に植えたものです。いずれもまだ双葉の状態で、これから本葉が出てきたら間引きをしなければならなくなります。

  ちなみに、ほうれん草だけはまだほとんど芽が出ていません。

ファームに芽が出た

  今日Yakaファームを見てみると、先日まいた種がいくらか発芽していました。

farm11.jpg

  ベビーリーフの種。

farm12.jpg

  こちらは小松菜ですが、実はこれは先日BLOGに紹介した20日にまいたときのではなく、その数日前にまいたものです。

  実はこの畑を始める前に、百均の栽培キットで小松菜栽培に挑戦したのですが、芽は出たもののその後一向に生長せず。期待だけ持たされてそのまま枯れてしまうという情けない経験をしてしまいました。百円だけにもともとあまり期待はしてなかったのですが、これでは自分に園芸の才能がないと言われてるようで悔しいので、モノが悪かったか検証すべく、その種の残りを畑にまいてみたわけです。とりあえず芽は出たわけですが、問題はこれから。さてさてどうなりますやら。

画像サイズ拡大のお知らせ

  「トラベラーズ ノート」および当BLOGで使用している写真画像についてですが、今後作成・アップロードする画像のサイズを拡大します。  

  これまで、基本的に長辺600ピクセルで作成していましたが、今後は長辺900ピクセルとします。

<従来のサイズ>
600.jpg

<今後のサイズ>
900.jpg

  サムネイルの大きさ(長辺240ピクセル)に変更はありませんが、クリックしたときに表示される画像が大きくなります。

  拡大化の理由は、

・ディスプレイの画像解像度が向上し、従来の大きさでは表示が小さく感じられること。
・ネット通信環境の向上で、表示速度に支障が少なくなったこと。
・カメラの解像度がアップしたこと。

  などです。

  なお、既に長辺600pxでアップしている画像については、差し替えは行ないません。

【旅日記】関東の鉄道めぐり+α(8)

  (7)より

  しばらく間があいてしまいましたが、クマ子との珍道中再開です。

  いすみ鉄道の終点、上総中野で立ち往生の二人。駅前に小さなタクシーの営業所があり、一か八かと覗いてみたものの不在のもよう。

  いよいよ万策尽きて、次の列車を所在なく待つしかないかと思っていたところ、なんとうまいタイミングでタクシーが現われました。せっかくなので養老渓谷を目指して走ってもらいます。

  15分ほど走ったか、やってきました養老渓谷。時間があまりないので、タクシーを待たせて、一番のポイントである「粟又(養老)の滝」だけを見に行きます。

d12128_20141022215638969.jpg

  一般的な滝のイメージである、絶壁を落ちてくるような滝ではなく、滑り台のような岩場を緩やかに下り、ハの字形に広がってくる流れが特徴的。

d12129_20141022215639461.jpg

  滝の下流側の渓谷風景。山間とあってか春の訪れは遅く、新緑には少し早かったようです。ゴールデンウイーク頃に来れば、鮮やかな緑の景色が楽しめたことでしょう。

  次の列車の時刻があるので足早に渓谷を後にし、待たせていたタクシーで小湊鐵道の養老渓谷駅を目指します。運転手さんによれば、やはり一番の見頃は紅葉の時期。今回スイスイと田舎道を走ってきましたが、この道が渋滞するほど観光客が訪れるそうです。

  養老渓谷駅には足湯もあるそうですが、時間がなくこちらもスルー。間もなくやってきた五井行きのディーゼルカーに乗り込みます。

d12130_201410222156410d0.jpg

  今ではなかなかお目にかかれない、レトロ感あふれる列車です。

  いすみ鉄道と同じく、こちらも1両単行で、かなりの混雑。山奥の路線でべつだん観光地があるわけでもない(養老渓谷にもあまり人はいなかった)のにどうしてこんなに混んでいるのかと思えば・・

d12131.jpg

  車窓に広がる菜の花畑。このような光景がそこかしこに広がっています。そしてやはり、沿線には撮影者の群れが。この列車も、こうした車窓そのものを楽しもうという人たちで賑わっているのかと考えれば合点がいきます。平日でこれなら、休日はどうなるやら・・

  首都圏からそう遠くない2つのローカル線が、今やそのローカル感で脚光を浴びているというのは、長らくそういう旅を楽しんできた当方にとっては興味深い半面、それを当て込んでやってきたのにこれほどの混雑に巻き込まれてしまうとは、大きな見当違いでした。結局大原から五井までずっと立ちづくめで、クマ子との初旅行がこんなになってしまうとは、と心の中で頭を抱え続けていました。

  次第に山が開け、沿線も普通の郊外の風景になってゆき、2つのローカル線の旅も終わりへ。再び不機嫌になったクマ子と微妙な雰囲気のまま、JR内房線に乗り換えます。

  蘇我で内房線から京葉線に乗り換え、今日の宿泊先を目指します。ようやくクマ子の機嫌も直り、目指すはこの旅の「+α」の部分、それは・・

  (9)に続く。

ファームに種まき

  土を準備したYakaファームに、種をまいてゆきます。

farm06.jpg

  この時期から植えられるのが主にこれらの葉物となります。文字通り初心者なので、ご親切に「初心者OK」と書いてあるのを買ってきました。

  今日は雨が降ったりやんだりでしたが、植え時はだいたい11月中頃までで、1日でも早く植えたいので、雨がやんだ夕方の合間を縫って種まきをしました。

farm07.jpg

  ほうれん草の種は比較的大きくて目立ちます。このように2列にまき、軽く土をかぶせてゆきます。

farm08.jpg

  ベビーリーフの種は、溝を掘ってそれに沿ってまいてゆきます。

farm09.jpg

  暗くなる前に何とか仕上げました。ネギが追加されて2本になりました(手前右側)。

Yakaファーム スタート

  現在の我が家には、猫の額ほどの庭があります。クマ子とホームセンターの園芸コーナーをのぞいては、この庭を使ってプランター菜園でもやりたいねと言っていたのですが、なかなか構想が進まないまま数ヶ月。もうすっかり秋が深まってしまいましたが、ようやくスタートする運びとなりました。

  プランターは水を切らしやすく管理が難しい、と聞いたので、庭の土の上に直に土を盛ることに。

farm01.jpg

  引越の際に不要になり解体していた本棚の廃材を使って枠を造りました。

farm02.jpg

  ホームセンターで調達してきた土。なにぶん初心者なので、園芸用に既にブレンドされた「培養土」を使用します。

farm03.jpg

  まずは水はけのために赤玉土を敷き詰めます。そして培養土を盛ってゆきます。

farm04.jpg

  とりあえず畝っぽい物ができました。

  今はまだ植えるものがないので・・

farm05.jpg

  ネギを挿しておきます。このネギは、3週間ほど前にスーパーで買ってきた白ネギの根元を残して、水に漬けて(その後鉢植えにして)育ててきたものです。ようやく定住の地を得ることになりました。

  こんな時期のスタートになってしまったせいで植えられる物が限られてしまうのですが、これから随時、進捗をこのBLOGで取り上げたいと思います。

  なお、この記事から「日記(園芸)」というカテゴリーを追加しています。

元・体育の日

  さる10月6日に台風18号が通過し、その後7,8日は台風一過のさわやかな秋晴れとなりました。

  私の好きな深い青空。最近ではなかなかお目にかかれない快晴の空です。

141008-(6).jpg

141008-(28)-1.jpg

141008-(15).jpg

  以上の写真は8日に撮影したもので、その夜には前の記事で紹介した皆既月食を見ることができました。翌日9日は不安定な天候だったので、よくぞここでという最高のタイミングでした。

  さて今日10月10日は、かつて(1999年まで)「体育の日」とされていました。(2000年からは10月の第二月曜日。)その由来は1964年の東京オリンピックが開会した日であったことからですが、今日はその日からちょうど50年にあたります。

  この10日は統計的に晴れが多い日と思われていますが、この日だけが特に確率が高いというわけではないようです。ただ今年についていえば、今日は北海道と沖縄を除いて割と天候がよく、体育の日である13日は台風19号の直撃を受けそうな予想。

  本来その日付になにがしかの由来があるものを、ただ連休を増やしたいという理由で動かすのは祝日の意義としてどうなのか、という意見もありますが、今年の体育の日についてはその移動が完全に裏目に出ている感じがします。

  19号は先の18号より西寄りを北上しており、一層全国的に影響を及ぼしそうです。10月としては異例の2週続けての台風襲来となりそうで、私としても諸々の予定が関わるだけに、19号の進路にやきもきしているところです。


  なんだか台風とお月見の話になると俄然張り切るまくら木日記でした(^ ^;;

月食観測

  昨日10月8日、晩の皆既月食を観測していました。快晴に恵まれ、最高の月見日和。その様子を写真に収めました。

19:01 下の方から7割方欠けてきました。
moon1901.jpg

19:21 「皆既」になる直前。特有の赤銅色の月になりつつあります。
moon1921.jpg

19:31 ついに全体が地球の陰に入りました。月が丸い球体だというのがよく判ります。
moon1931.jpg

19:53 皆既月食のピークあたり。
moon1953.jpg

20:20 「皆既」ももうすぐ終わり。左側から明るくなってきました。
moon2020.jpg

20:27 左側に再び光が差してきました。
moon2027.jpg

20:46 再び膨らむ満月。
moon2046.jpg

  今回は1時間ほどにわたる皆既食で、見応えのある天体ショーでした。

皆既月食2014

  明日10月8日、皆既月食が観測できるようです。

  前回は2011年12月10日深夜にあり、そのときの様子はこちらに載せています。

moon2(2301).jpg

  今回の月食は、国立天文台のサイトによると、

  部分食始まり 18時14分
  皆既食始まり 19時24分
  食の最大 19時54分
  皆既食終わり 20時24分
  部分食終わり 21時34分

  となっています。今回は夜の早い時間の月食となり、観測しやすそうです。

  今日は台風一過の好天となり、明日も天候には恵まれそうなので期待が持てます。

【トップ画像】2014.10

top1410.jpg

  今日は、日本に「新幹線」がデビューして50周年の記念日でした。

  東京オリンピックの開かれた昭和39年(1964年)、その開幕に先駆けて東海道新幹線 東京~新大阪間が開通したのが10月1日のこと。私自身は生まれる10年以上前のことなので、当然その時の様子は知るべくもありませんが、「夢の超特急」という当時の呼び名からして、人々の驚きと憧れの的であったことは十分察せられます。

  写真の0系車両はその当初から、44年以上にわたって活躍を続けましたが、その間には「暗黒時代」ともいえる国鉄末期の低迷期があり、晩年は短い編成で「こだま」専用になっていましたが、それでもこれだけ長く働けたのは当初からの高い完成度があってのことでしょう。

  写真は加古川橋梁で撮影。後ろをあえて切っているのは、6両という短さを隠すためです。