FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

ナメとの戦い

  種まきから1ヶ月以上経ったYakaファーム。日当たりが悪いなりに育ってきて、特に小松菜がかなり茂ってきましたが、ここで問題が。

141127-(1).jpg

  葉っぱがかなりかじられてきました。よくみると「犯人」の足跡がヌメヌメテカテカ。どうやらナメクジが夜な夜な現われて食っているようです。

  もちろんナメクジを養うために野菜を作っているわけではないので、何とかしたいのですが、方法を探っていると「ナメクジはカフェインが苦手」という情報が。というわけで、

141127-(2).jpg

  インスタントコーヒーを溶かしたものを霧吹きで吹き付けてみます。

  さらにコーヒー殻を畑の周りにまいてナメクジよけに・・

  で、夜になって見てみると・・・

  お構いなくナメナメが上がってきてました(泣)

  まあそんなに即効性があるわけではないのかもしれませんし、前よりはかじられるペースが落ちた気がするので、気長にやって行くしかないのでしょう。
スポンサーサイト



【旅日記】関東の鉄道めぐり+α(12)

  (11)より

  前々日(4月10日)以来のディズニーシーにやってきました。

d12148.jpg

  前回は既に暗くなっていたので、昼間のTDSは趣が変わってまた新鮮です。TDLと比べると、ちょっと大人の雰囲気ですね。

  エントランスから右回りに回ってゆくと、まずは「アメリカンウォーターフロント」。

d12149.jpg

  古き良きアメリカ、という雰囲気の町並み。クマ子たっての希望で、左側にある「ブロードウェイ・ミュージックシアター」でショーを観劇。こんなことでもないとステージ鑑賞することなどありませんので、貴重な機会です。

  上の写真にも写っている「エレクトリックレールウェイ」に乗って、「ポートディスカバリー」へ移動します。やはりテーマパークに鉄道は欠かせませんね。

d12150.jpg

  SF的な未来の港をイメージしたというポートディスカバリー。バックにはシンボルのプロメテウス火山。

d12151.jpg

  一転して熱帯雨林の遺跡をモチーフにした「ロストリバーデルタ」。蒸気船が進んで行きます。

d12152.jpg

  そしてアラビアンナイトの世界へ。ランプの魔神ジーニーの掌にはダッフィーが。

  時間が限られているのでアトラクションにはあまり立ち寄れず、足早に各エリアを回ってきました。いやはや、ディズニーリゾートは世界観の作り込みが徹底しているというか、作り物と判っていながら本当にそのワールドに居ると思わせる「なりきり」ぶりがすごいですね。

  (13)へ、あと1回続きます。

晩秋の風景

  11月も下旬。周りも晩秋から初冬の風景へと変わりつつあります。

  数日前に近所で撮った風景を。

141124-(1).jpg

  紅く色づいた桜の葉が青空に映える。かなり散りだしており、足下は落ち葉の絨毯になっていました。

141124-(6).jpg

  黄金色の銀杏の木。この鮮やかさは晴れた日でこそ。

141124-(20).jpg

  秋の夕日はあっという間に落ちてゆきます。

141124-(28).jpg

【旅日記】関東の鉄道めぐり+α(11)

  (10)より

  雨が降ったりやんだりする中でしたが、かえってその天候が幸いして、結構いろいろなアトラクションを楽しむことができました。建物に入ってしまえば一緒ですからね。

d12141.jpg

  シンデレラ城と桜。「和」の象徴である桜の花はディズニーの世界観にはミスマッチな感じで、現に園内ではほとんどお目にかからないのですが、メイン広場に桜を配したあたり、やはり「日本のディズニーランド」というオリジナリティを演出したのでしょうか。

d12142.jpg

  小腹が減ったのでミッキー型のワッフルを食します。自分一人ならまず買わないでしょう(笑) 左のほうは元の顔が判らないくらいにソースを塗りたくられて、訳の分からない姿になっています。

  他にもいろいろ行ってますが、3日目の紹介はここまで。天気が悪かった分、写真の映えが良くないんですね~。

  さていよいよ、最終日4月12日です。残された時間の許す範囲内でディズニーシーを巡ろうと思います。

d12143.jpg

  ホテルからリゾートラインのステーションまで、このバスに乗ります。至る所にミッキーのデザイン。●を3つくっつけただけで表現できる、世界で最も有名かつシンプルなキャラクターかもしれません。

  前日と打って変わって朝から快晴の日和。最終日のチケットはTDL、TDSどちらも出入り自由なので、せっかくなので天気のいいTDLも見ておこうと、立ち寄ってみます。

d12144.jpg

d12147.jpg

  TDLのシンボル・シンデレラ城も一層映えます。麓にはイースターの卵をイメージしたスポットが。

  !? あれは・・

d12145.jpg

  ディズニーにどれほど多くのキャラクターがいても、彼の存在はやはり別格。ミッキーマウスは「世界にひとりしかいない」ので、TDLとTDSの間ではもちろん、世界中のディズニーランドのどこでも、別の場所で同時に出演することはないんだそうです。こういう顔見せにも言えることなのかは分かりませんが、そうだとすれば大変貴重なシーンですね。(とレア感を出すのも一つの演出なのだろう、と夢のないことを言ってみる。)

d12146.jpg

  TDLのほうはそこそこにして、リゾートラインでTDSに移動します。

  (12)に続く。

ファーム1ヶ月

  Yakaファームも、本格的に種をまいて1ヶ月が経過しました。

141120-(1).jpg

  ほうれん草(左)と水菜(右)

141120-(3).jpg

  ベビーリーフミックス(左)と小松菜(右)

  それぞれ3-5cmほどの間隔まで間引きしましたが、日当たりの悪い手前側はうまく生育せず、間隔もスカスカになってしまいました。

141120-(4).jpg

  先に植えたほうの小松菜は10cmを超えてきました。20cmくらいになれば収穫時期だとのことですが、あとどれくらいかかるのでしょうか・・

  そろそろ霜がおりる時期になってきたので、寒さ対策も考えてゆかなければなりません。

生育状況

  種まきから間もなく1ヶ月を迎えるYakaファーム。

farm141112_01.jpg

  こんな飾り付けをしてみました。ちょいと菜園っぽく格好つけて。

  さて本日(11/15)の生育状況ですが・・

farm141115_01.jpg

  ほうれん草(左)と水菜(右)。水菜がギザギザと水菜っぽい姿になってきました。写真の奥側のほうが日が当たりやすいので、若干生育が良くなっています。

farm141115_02.jpg

  ベビーリーフミックス(左)と小松菜(右)。小松菜のほうがだいぶ大きくなってきました。が、よく見ると・・

farm141115_03.jpg

  所々虫に食われてます。えさが少なくなってきて虫さんたちも必死なのでしょうか。

【旅日記】関東の鉄道めぐり+α(10)

  (9)より

  翌4月11日は、丸々ディズニーランド滞在です。

  実はこの日の朝、ホテルからのシャトルバスを降りるときにカメラ(愛用のKissDigi)を落として、バッテリーのフタを破損してしまいました。何ともさい先の悪いスタートですが、仕方ないので絆創膏で塞いで応急処置しました。

d12136.jpg

  これまでの二日間とは打って変わって雨の予想。ぐずついた天候です。

  入場して真っ先に向かった先、それは・・

d12137.jpg

  クマ子のリクエストで(クマなだけに)「プーさんのハニーハント」。アトラクションの中でも特に人気があり、数時間待ちもザラということですが、さほどの混雑ではなく入ることができました。

  悪天候に春休み明けという時節柄のおかげか、かえって人が少なくて、アトラクションは嬉しいことにほとんど待ち時間なしの遊び放題。何度もTDLを訪れているクマ子も、こんなに空いているのは初めてだとのこと。

d12138.jpg

  通りがかったミッキーご一行様のパレード。ちゃんと雨仕様です。

  ここからはこのBLOGらしく「鉄」要素中心で紹介します。

d12139.jpg

  遊園地に欠かせないもの、それは汽車! ウエスタンリバー鉄道。結構リアルです。実際に蒸気で走っているとのこと。

  実際、ウォルト・ディズニーが最初に造ろうとしていた遊園地も汽車をメインにするものだったとのことで、ある意味でディズニーランドの原点とも言える存在です。

  そして途中車窓に見えてくるのは、

d12140.jpg

  ビッグサンダーマウンテン。のんびり走るこちらの汽車とは打って変わって、西部劇のような世界を暴走機関車が駆け抜けてゆきます。

  このビッグサンダーマウンテンもTDL屈指の人気アトラクションで、中学の修学旅行の際には時間的にスペースマウンテンとどちらを取るかということになり、結局こちらは乗れなかった記憶があります。

  (11)に続く。

伸び悩み・・

  ここ1週間ほど、朝から晩まで仕事が立て込んで出ずっぱりで、なかなかファームの手入れができていません。

  そんな中で少しずつ間引きを行ない、2,3cm間隔にまで減らしました。

  11月7日現在のファームの様子。

farm141107_02.jpg

  小松菜(左)とベビーリーフミックス(右)。小松菜は、先に植えた手前側と後に植えた奥との差が広がった感じがします。

farm141107_01.jpg

  水菜(左)とほうれん草(右)。水菜はすぐ倒れてしまい、土を寄せて持ち上げようとしているのですが、難しいですね。やはり、種まきの密度が高すぎたのと間引きが遅れたことで、全体的にひょろ長くなってしまったのが痛いところです。

  種まきから20日近く経ちましたが、11月に入って日照が急に弱くなり、生育も鈍っているようです。間引きが一段落したところで液肥を与えてみました。効果が出ると良いのですが。

【旅日記】関東の鉄道めぐり+α(9)

  (8)より

  ここからは主に、クマ子の趣味におつきあいです。

  京葉線と言えばピンと来る方もあるかと思いますが、今夜の目的地は・・

d12132.jpg

  そう、東京ディズニーリゾート! 今夜はディズニーシーのほうに入場します。同じ千葉県ですが、ここまでの「日本の原風景」とは一転した世界観ですね。

  私自身は中学の修学旅行でディズニーランドに来て以来、実に20年以上ぶりです。もちろん当時はディズニーシーはなかったので、こちらは全く初めてです。

d12133.jpg

  TDSのシンボルともいえる「プロメテウス火山」。時折キャー、ウワーと絶叫が聞こえてきます。

  その正体は、この下にあるアトラクション「センター・オブ・ジ・アース」。地底走行車がいきなり高度を上げて、飛び出すのがこの山の山腹。放り出された眼下に広がるTDSの夜景。私も叫びましたよ、ええ。

d12134.jpg

  TDSのオリジナルキャラクターだという「ダッフィー」と「シェリーメイ」。ダッフィーはミニーマウスがミッキーマウスにプレゼントしたテディベアという設定。そしてこのときは「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」が開催中。「ヴォヤッジ(voyage)」とは「航海」という意味で、ミッキーたちが世界の春を巡る旅をするという企画。この2012年から春恒例のイベントとなっています。

d12135.jpg

  ディズニーリゾートを周回するモノレール「リゾートライン」の車内。至る所にミッキーの意匠が施されています。

  ローカル線から夢の国へ。こうして4月10日は終わり・・とはいかず、ホテルに帰着後またも腹痛に苦しみ、結局夜中遅くまで悶絶。波瀾万丈の2日目となりました。

  (10)に続く。

【トップ画像】2014.11

  この2014年もあと2ヶ月。「少し昔の鉄道風景」シリーズもあと2回となりました。

top1411.jpg

  今回のトップは、すすきを揺らしながら播但線をゆくキハ181系時代の特急「はまかぜ」です。グリーン車を含む堂々の7両編成。

  このキハ181系はこれまで3度トップ画像になっており、思い入れの強い車両の一つでした。国鉄世代のディーゼル車としては高出力でしたが、黒煙を吐いてターボエンジンを回し、頑張って走ってますという雰囲気に味がありました。

  この写真を撮影した2005年頃、「カフェオレ」と呼ばれたこのベージュ塗装をJR西日本は推し進めており、国鉄特急時代のカラーは過去のものになりつつありましたが、このときは真ん中に1両だけ挟まっていました。これも貴重な記録です。

  現在ではステンレス車体のキハ189系が「はまかぜ」として走っています。

141021_189a.jpg