FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

最近の流し撮り

  相変わらず、ちょくちょく流し撮りに挑んでいます。果敢に挑んであえなく玉砕も少なくありませんが。

  その中でも割とまともなものを、最近の写真の中から。

180328_N700c.jpg

  3月末の快晴続きだったころ、新幹線をバックに黄色の花を流す。花の背後には貨物列車のコンテナも。

180417_sanyoa.jpg

  山陽6000系の直通特急。この至近距離なので無謀かと思いましたが、意外とヘッドマークまでしっかり写ってくれました。これでズーム流しのコツをちょっとつかんだ感じ。

180430_700f.jpg

  今や少数勢力となった700系のぞみ。連休時期などでなければなかなかチャンスがありません。出始めの頃は靴の先のようなへんてこなフォルムだと思っていましたが、N700全盛の今となっては、丸っこい先頭の形状に愛嬌を感じます。

180505_500a.jpg

  運行終了した500系EVA。ボディがキラリと光っていい感じです。6月末からはハローキティになるそうで、「キティか・・・」と言いつつ、出たら出たでやっぱり撮るんだろうなと。

180526_87a.jpg

  高嶺の花の瑞風さん。車内の水質が基準を満たしていなかったとかでしばらく休んでいましたが、再開したようです。

180528_189b.jpg

  たいていズーム流しは1/125や1/100のシャッター速度で撮る(それ以上速くする自信がない)のですが、誤って1/50で撮影。何とかそれでも先頭部がそこそこしっかり写って、けがの功名。このくらいの速度でコンスタントに撮れるようになるのが目標です。
スポンサーサイト



春から夏へ

  気づけば5月も終盤。季節も進み、春の景色から夏の景色へと移りつつあります。

180505_N700c.jpg

  れんげ草と新幹線。うんと視線を下げて。

180512_500a.jpg

  EVA新幹線もついに運行終了しました。その最後の姿はヘアリーベッチの紫と合わせて。

180511_kobeb.jpg

  五月晴れの空に映えるハッピートレイン。

180512_N700d.jpg

  ヘアリーベッチとみずほ号。シャッターチャンスは一瞬。

180514_hojoc.jpg

  れんげ草とフラワ2000のマッチング。

180522_kobec.jpg

  神鉄の「メモリアルトレイン」が運行を開始しました。さすがにこの配色が現役だった時代は知りませんが。思ったより白っぽい色で、意外と難度が高い。

180522_N700a.jpg

  夕刻の空に、羽根を広げたような面白い雲が。梅雨も近いですね。

【トップ画像】2018.5後半

top1805b.jpg

  美嚢川橋梁の写真は何度かトップ画像に採用していますが、今回はその一部を切り取ってみました。右側にそそりたつのは三木城跡。電車はその脇を進んでゆきます。

  城壁の白、木々の緑と、五月晴れの空の青。古びた城下町と銀色に輝く新型電車。いろいろなコントラストが効いたお気に入りの1枚です。

  「静かな空、青い空」。神戸電鉄の宣伝で使われてきたキャッチフレーズですが、こうした抜けるような青空に巡り会えると、神鉄に限らず被写体がぐっと引き立ちます。この時期の鮮やかな緑も良いアクセントを加えます。

170519 (5)

  同じ日に撮影した「Happy Train」。昨年このBLOGで掲載したものの再掲ですが、この時の青空は本当に美しいものでした。こうした写真が撮れるのも、入梅までの限られたチャンスです。

【トップ画像】2018.5前半

top1805a.jpg

  初登場の能勢電鉄です。能勢電を撮影したのはこのとき(2007年5月)と、2010年4月に川西能勢口駅で1枚撮ったのみ。

  現在の能勢電鉄は阪急阪神HDの一員であり、車両はすべて阪急のお下がり、車体の塗装も阪急マルーンなので、細かい仕様を別にすれば阪急の電車がそのまま乗り入れているように見えます。(阪急から能勢電に譲渡された車両が阪神線を経由して尼崎工場に運ばれて改造を受け、「阪急電車が阪神線を走った」と話題になりました。)

  もともと妙見山への参拝ルートとして開通しましたが、沿線開発とともにニュータウン路線として近代化を果たしました。現在では川西能勢口~日生中央間のほうがメインルートのようになっており、阪急に直通する特急「日生エクスプレス」も乗り入れています。

  一方、妙見線末端には山に囲まれた昔の風情が色濃く残っており、終点妙見口手前では田植えが始まろうとしていました。有馬温泉輸送からスタートしてやはりニュータウン路線に変容し、その中にも所々に農村風景を残す神戸電鉄と雰囲気がよく似ています。

  私が兵庫県内で全く乗ったことのない鉄道は、この能勢電と六甲ライナーだけで、いつかじっくりと攻略してみたいと思いつつなかなかかなわない路線であります。