FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

嵐の前の夕焼け

  台風12号は昨日(29日)早朝に一時大雨を降らせたものの、大きな被害はなく通過。騒がれた割にはという感じですが、例の西日本豪雨からまだひと月も経っていないこの時期だけに、備えが空振りになる程度が一番いいのかもしれません。

  その前日(28日)の夕方には、こんな夕日が。

180728-(2).jpg

  なんだかミステリアスな空でした。

  ちなみに台風12号は勢力を弱めながら瀬戸内海沿いを西進した後、北九州を経て有明海、東シナ海へと南下するという、相変わらず奇妙なコースを辿っています。夏台風の迷走自体は珍しいことではありませんが、日本本土上でこうした動きをする台風というのはこれまで記憶にありません。

  現時点でも一応「台風」という扱いになっていますが、すでに原形は保たれておらず、台風ではなく熱帯低気圧(最大風速18m/s未満)のレベルになっているのではないかという気もします。まだしばらく鹿児島近海にとどまりそうで、東シナ海の海水のエネルギーで再発達する可能性もあることから、警戒を緩めさせない意味で「台風」ということにしているのかもしれません。学術的な検証は後の話で、今はとりあえず防災を優先する考えなのでしょう。
スポンサーサイト



「逆走台風」の憂鬱

  現在、日本の南東海上に台風12号があり、今夜にも東海~近畿地方に上陸する公算が強まっています。

  この台風が特殊なのは、東から西に向けて進んでいるというところ。日本近海では台風(特に秋台風)は太平洋高気圧のへりを北上し、偏西風に乗るコースをとるため、西から東に流れるというのが定番です。日本付近に偏西風がない夏の時期だと、台風を動かす風がないためにウロウロと迷走することがありますが、今回ははっきりと、いつもと逆の曲がりで日本を目指しています。

  この特殊な動きをもたらしているのは、日本の南にある「寒冷渦」と呼ばれるものだそうです。天気図には表れない大きな低気圧が日本の南海で反時計回りに渦を巻いており、台風はその北側に巻き込まれて西側へ誘導される格好になっています。

  同じように寒冷渦の作用で西向きに進んだ台風として2016年10号があり(デジタル台風当該記事)、この台風は南海をさんざん迷走した挙げ句に、観測史上初めて太平洋側から東北地方に上陸。岩手県などで大きな被害が出ました。

  ちなみにこの2016年には、ほとんど台風が上陸することのない北海道に立て続けに台風が上陸し、こちらも大きな被害を出しました。(苦境のJR北海道にいっそうの追い打ちをかけた災害でした。)これまでになかったということはデータがなく、対策も難しかったのだと思います。

  今回の12号も、勢力を維持しながらの接近となり、しかも普段と逆方向から来ることで、思わぬ場所で大きな被害が出る可能性があります。また今のところ、予想は上陸後瀬戸内側を進むような進路となっており、先日の水害の被災地を直撃することになってしまいます。

  なんといってもデータの少ないレアケースなだけに、今後実際にどのような進路を取るのか、どこでどんな被害が出るのか読めない部分が多々あります。予想が良い意味で外れ、思ったより大したことにならなかった、という結果になれば何よりですが・・・

旧カラーとの再会

  神戸電鉄が90周年を記念して繰り出す「メモリアルトレイン」、その第二弾は1960-80年代の復刻塗装。

  5月に登場したグリーンとグレーのツートンカラーは1960年代以前のもので、実物を見たことがないので「ふーん」という印象しかなかったのですが、今回のオレンジとグレーの配色は私にとってぐっとリアルな存在です。

  1983年に神戸から三木に引っ越してきて、神戸電鉄という鉄道の存在を初めて知ったわけですが、その当時のデザインがこれでした。阪神沿線から移ってきた私は、この地味な配色とクーラーのないことにカルチャーショックを受けましたが、それが長きにわたる神戸電鉄との付き合いの始まりでした。

  80年代後半に車体カラーの変更が始まり、現在の赤とクリーム色の配色に変わってゆきました。高校時代に通学で利用した90年代初頭にはほぼ移行が済みつつありましたが、末端区間に最後まで残った800系は801Fを除いて最後まで旧塗装でした。車体の体裁こそ1000系列と同等でしたが、色の古さで目立ってしまう存在でした。結局この800系の全廃をもって、旧カラーは姿を消しました。

  というわけで、このカラーリングはおよそ四半世紀ぶりの復活となりました。

180724_kobea.jpg

  美嚢川を渡る4両編成。2001年までは3両編成しか走っていなかったこの橋を、このカラーの車両が4両で渡るのは、今までになかったことです。

  それにしても、私の記憶にある旧塗装はもうちょっと色が暗かったような・・・

180724_kobec.jpg

180724_kobed.jpg

  うーん、やっぱり全体的に明るすぎる気が。

  色というのは多分に感覚的なものなので、厳密に再現するのが難しいのか。あるいは、私の記憶のほうこそ間違っているのかもしれません。

  方向幕はさすがに昔の細字タイプの再現とはいかず、現行のローマ字併記タイプに(今回復元塗装を施された1357+1359Fは、このタイプの前面幕を採用した最初の編成です)。車両番号は現行車両では金色ですが、こちらは旧塗装時代同様の白色に復元されています。

  このほか車間の転落防止柵や側面方向幕、ワンマン運転用のドアセンサーなど、旧塗装時代にはなかった装備もいろいろ付いていますが、昔の雰囲気はそれなりに楽しめそう。4両編成なので、3連中心の粟生線に入る機会は比較的少なくなると思いますが、また四季折々の風景を楽しみにしたいところです。

【トップ画像】2018.7後半

top1807b.jpg

  私が近年よく撮影に赴く大久保~魚住間の田園地帯ですが、7月の下旬になると池に蓮の花が咲きます。昨年はこのBLOGでも幾らか写真を紹介しました。

  月後半のトップとして、蓮の背後をゆく特急「はまかぜ」の全景を収めてみました。3両編成というのはJR神戸線を通過する営業列車としては最短。12両の新快速が行き交う中でたいへんこじんまりとしていますが、おかげでこうしてフレームに収まります。

  昨年7月17日の記事の時点で「梅雨明け間近」と書いていますが、梅雨入りと同様に梅雨明けも後日修正されたらしく、気象庁のサイトによれば確定値は7月13日頃とされています。平年(7月21日頃)と比べて早めの梅雨明けでした。

  今年は速報値で7月9日頃と、昨年よりさらに早まり、その後は情け容赦のない猛暑が続いています。現時点で蓮の花はまだあまり咲いていないようですが、これから下旬に向けて見頃を迎えてゆくことでしょう。この暑さ続きの中、見に行くだけの体力・気力があるかは分かりませんが・・・

そして梅雨明け

  結局8日(日)の晩まで大雨警報が発令されていましたが、翌9日(月)にはあっさりと梅雨明け。あれだけ居座り続けていた豪雨も、去るのはあっという間でした。

  神戸電鉄は、9日は西鈴蘭台~木津間を除いて始発から運行。不通区間は代行バスでの輸送となりました。なおその間も、列車は「西鈴蘭台行き」「木津行き」ではなく、あくまで通常ダイヤを踏まえた行き先(上りの場合は「新開地行き」)で案内されていたようです。

  復旧に数日を要するといわれていましたが、結局9日の16時ごろに再開され、これをもって神戸電鉄は全線復旧となりました。

180709_kobee.jpg

  その夕方の様子。陰鬱な雲がようやく晴れ、やっと直通するようになった「新開地行き」が夕日をバックに進む。

180709_kobef.jpg

  背後に入道雲。迫り来るのは長い長い猛暑。

180709_kobec.jpg

  のぞき始めた青空のもと、メモリアルトレインが。

IMG_3070.jpg

  そして夜には、あの長雨などなかったかのように、クリアな星空が満天に広がっていました。(写真は北斗七星の周囲。拡大してご覧ください。)

  この11日(水)現在でも水害に関連した死者は増え続けていますが、それにより減るはずの安否不明者(最近は「行方不明」よりこの表現を使うようです)もやはり増加しています。被害の全容すらなかなか見えてこないのが現状のようです。そんな中で雲の晴れた空にほっとするとと同時に、こちらの混乱を何食わぬ顔で見下ろす空に少し腹も立つ複雑な気持ちになります。

豪雨の爪痕

  ほぼ三日三晩降り続いた雨は、やっと終息に向かっています。しかし現時点で神戸市や明石市、三木市などには未だ大雨警報が出ており、岐阜県には(北部中心に)特別警報が残っています。

  今回は広域に甚大な被害が出ましたが、特に広島や岡山での人的・物的被害が大きく、その全容は今後さらに明らかになってゆくと思われます。

170426_113a.jpg

  昨年4月に岡山県の伯備線清音付近で列車を撮影していますが、そこから高梁川を隔てた向かい側にあたる真備(まび)町で大規模な浸水が発生したようです。ここはちょうど高梁川と小田川の合流点に近く、この小田川の決壊によって被害が大きくなってしまいました。

  交通機関への影響の大きく、6,7日の2日間は兵庫県内の交通機関はマヒ状態でしたが、今日8日からはかなり復旧するようです。

  丸二日間全線運休した神戸電鉄は、鵯越~鈴蘭台間、西鈴蘭台~藍那間、押部谷~緑が丘間など数カ所で被害が発生しており、西鈴蘭台~藍那間については復旧に数日を要する見込み。

  JR線についてもようやく通常に近い状態に戻るようですが、加古川線や姫新線などはまだ8日始発の時点で運転見合わせ。中国地方の路線がまだほとんど動かない状況ですので、貨物輸送の復旧には相当な期間を要するかもしれません。

  高速道路網もまだあちこちで寸断されており、中国道や山陽道にも復旧にかなりを要する箇所がある模様。昨日買い物に行ったスーパーでも品薄になっている品物があり、今後物流に少なからず影響が出てくると思われます。

大雨・・・

  一昨日5日から全国的に降り続いている大雨。その前に日本に接近した台風7号が運んできた湿った空気によって、梅雨が盛り返す格好になってしまいました。これほどに広域かつ長時間にわたって大量の雨が降るというのは、これまでに覚えがありません。

  わが地元でも5日朝から大雨警報が出続けており、昨日6日も1日中継続。鉄道網も高速道路網も朝から壊滅状態で、大混乱していました。

  しかしそんな中でも私は仕事に・・・(泣) 雨は5日と比べて幾分落ち着きましたが、断続的な激しい雨と、思いがけない場所での道路渋滞(高速道路が寸断されているので、下道が大混雑)に難渋しながらの1日でした。

  神戸電鉄は5日は一部区間が運休しながらも運行を続け、既にストップしていたJR宝塚線の代替輸送の役も果たしましたが、夜の早い時間に運行を終了。そして6日は始発から運行を休止し、結局終日運休となりました。

  仕事の帰りに志染駅に寄ってみました。

IMG_3040.jpg

IMG_3039.jpg

  構内通路が南北連絡通路を兼ねており、通常は券売機で通行券を発行して通り抜けることができますが、券売機を使用中止とする代わりに自動改札機の1台が開放状態になっていました。

IMG_3043.jpg

  2番ホームに留置されている電車(5000系)は方向幕が白目状態。神鉄の電車が白幕というのはあまり見ない姿です。

  これとは別に新開地寄りの留置線に4両編成(2000系)が1本入っていましたが、そちらも白幕となっていました。

  神鉄は今日(7日)も始発から運休を予定。雨が収まれば順次再開となると思いますが、雨はまだしばらく続く見込み。

  奇しくも昨年の7月5日は九州北部での豪雨が発生した日。梅雨の末期+台風通過直後の災害という点で今回と似ています。その甚大な被害を受けた福岡県などにも6日晩に特別警報が発令されました。特別警報は「数十年に一度」のレベルの災害が予想される際に出されるものですが、今や「数十年に一度」が毎年やってくる気候になってしまいました。被害の程度は計り知れませんが、今はただ豪雨が過ぎゆくのを待つしかありません。

【トップ画像】2018.7前半

top1807a.jpg

  前にも書いたことがありますが、毎年7月はトップ画像の選定に悩む時期です。月の前半は梅雨(年によっては7月中明け切らず)、梅雨が明けた後は猛暑となり、写真を撮りに行くだけの気合いがなかなか入らない。そのため必然的に近場の写真か、昔の九州旅行の写真かという選択になります。

  というわけで今回は2006年の九州旅行からのチョイス。今なき「ムーンライト九州」で九州入りした後、小倉から博多まで1区間だけ利用した700系「こだま」です。運転席横に青い文字で「JR700」のロゴが入っているので、JR西日本所属の車両です。九州入りしてすぐにまたJR西日本の列車に乗るというのも妙な気分でしたが・・・

  N700系のデビューは2007年。つまりこの時点では700系は東海道・山陽新幹線の最新型にして主力の車両でした。それから10年あまりで、時代はすっかりN700の天下。16両編成の700系は臨時列車中心にわずかに残るのみとなりました。

  そして早くも、次世代の「N700S」の試運転が始まったようです。しかし700系以降N700、N700A、N700Sと、「700」の数字そのものは変わっていないことからして、基本形は700系の時点ですでに確立されており、以降はマイナーチェンジによる改良版という見方もできます。レールスターを除く700系の余命はあと2年未満と思われますが、その残り少ない活躍を見守ってゆきたいものです。