FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

「まくら木日記」リニューアルのお知らせ

  2019年の始まりに際し、「トラベラーズ ノート」の大幅リニューアルを実施します。

  主な更新内容は以下の通りです。

  トップページのリニューアル

  コンテンツを減らし、それぞれへのリンクを拡大してわかりやすくしました。なお今後、トップ画像は月1度の更新に戻します。

  ■「活動写真」を「動画・写真館」に

  改称とともに内容を見直し。「YouTube動画」はYouTubeの該当ページへ直接リンク。「Flash動画」は公開を取りやめます。

  ■「記録庫」の見直し

  掲示板過去ログや、従来「活動写真」に含めていた「歴代トップ画像」を「記録庫」に移動。「鉄道写真倉庫」は公開を取りやめます。

  ■「ごあんない」は簡略化して「当サイトについて」に

  ■レイアウトの修正

  これまではパソコンでの閲覧を前提にしており、できるだけ画面をスクロールせずに見ていただくことを目指していましたが、スマートフォンやタブレットでのインターネット利用が増えていることを踏まえて、字の大きさやデザインの統一性を重視したレイアウトへと更新を進めているところです。

  今回のリニューアルの主な目的は、コンテンツを絞り込み、管理を簡略化して情報の更新をしやすくすることです。ずっとそうしたいと思いつつなかなか着手できなかったのですが、2019年8月に当サイトが20周年を迎えるのに先立ち、キリのいいところでやっておかねばと考えた次第です。

  なお、リンクの見直しなど細かい部分の修正はまだ不十分で、今後追々と実施してゆきます。
スポンサーサイト



2018年セレクション(後半)

  今年の後半は、猛暑と豪雨・台風でとにかく過酷な日々が続きました。

180722_N700c.jpg

  7月初旬の西日本豪雨の後はカンカン照りの猛暑続き。おかげでこうした青空の日が多かったのですが、撮影は夕方が多かった気がします。昼間にホイホイ出て行くのは自殺行為。

180827_sanyon.jpg

  山陽電車がアニメとコラボした「さくらとおでかけ」電車。赤い帯がピンクになって、あまり目立ちませんね。

180830_923a_2018123100481408f.jpg

  ドクターイエロー。もう少し稲穂が色づくと更に良い感じですが、そうそうタイミングは合ってくれません。

181011_E231a.jpg

  東京へ。あまり撮影機会はありませんでしたが、スキを見て撮っています(笑) 中央・総武線の電車。首都圏の電車は同じような顔に見えてしまいますが、私の如きおのぼりさんにとってはどれも真新しい。

181114_kobec.jpg

  神鉄メモリアルトレイン第二弾。このカラーは私の高校生時分まで走っていたのでなじみ深いです。定番の美嚢川河川敷からですが、このあたりも7月豪雨の影響で護岸ブロックがガタガタに。なかなか修繕が追いつきません。

181124_87a.jpg

  7月豪雨以降山陽本線の不通が続いた影響で、トワイライトエクスプレス瑞風も山陽ルートで運行できず、10月にやっと復旧。

181218_N700a.jpg

  こういう光の筋を「天使のはしご」と言うそうです。すぐに様相が変わるのでタイミング勝負。

  というわけで2018年もあと1日を切りました。来年もよろしくお願いします。

2018年セレクション(前半)

  今年も今日を含めてあと3日。BLOG未掲載の写真からチョイスして紹介します。

180120-(10).jpg

  神戸三宮のフェリーターミナルに行く用事があり、その後に歩いたのがこの「日本最短の国道」174号。左に見えている税関の所からその先の「税関前」交差点まで、全長わずか187.1m。もとはJR三ノ宮駅前までだったそうですが、現在では税関前交差点から先は「フラワーロード」(県道扱い)となっています。

180120-(30).jpg

  そのフラワーロード沿いにそびえる神戸市役所に夕日がキラリ。私も今は神戸市民ですが、諸手続は区役所で済むので、ここには一度もお世話になったことがありません。

180226_103a.jpg

  2月、加古川線の鉄橋を高台から。私のカメラ性能ではこれが精一杯ですが、俯瞰写真には良い場所ですね。

180415_N700h.jpg

  新緑の季節に吉井川沿いで新幹線をキャッチ。近くに立つ「おさふねサービスエリア」もなかなか面白い所です。

180514_127b.jpg

  久々に姫新線。この嘴崎の鉄橋で撮るのは実に8年ぶりのことでした。青空・綠の山が映える。

180514_hojoc_201812291227009f5.jpg

  最近意外と撮影機会の少ない北条鉄道。やや遅めのレンゲソウと。

180604_kobeb.jpg

  神戸電鉄90周年記念のメモリアルトレイン。神鉄がリバイバルカラーを採用したのは初めてではないでしょうか。粟生線は3両編成が主にやってくるので、こちらのグリーン編成にお目にかかる機会が多いです。

小変化

  このBLOGのトップ記事に来るタイトル画像を変更しました。

Before
title5.jpg

  2010年11月以来、8年余り「まくら木日記」のトップを飾ってくれました。

After
bbstop3.jpg

  「トラベラーズ ノート」の各項目トップに使用している画像にデザインを合わせました。写真はこれまで通り、北条鉄道播磨横田駅でのフラワ2000-3を採用。実車はもう三木鉄道カラーではありませんが、このBLOG内ではこれからもこの姿です。

【トップ画像】2018.12後半

top1812b.jpg

  早くも2018年も残り半月。今年最後のトップ画像は地元山陽電鉄の沿線風景で。

  今年は春先から気温が高めな日が多く、そのぶん災害も多発しました。特に夏の暑さはそれ自体が「災害級」と表現され、新語・流行語大賞の1つにも選ばれました。今年の漢字も「災」。何か見覚えがあるなと思ったら、2004年にも同じ漢字が選ばれています。どちらも記録的な台風や地震が頻発した年でした。(ちなみに1995年の開始以来最も多く選ばれている漢字が「金」で、2000,12,16年の3回。いずれも夏期オリンピックのメダルラッシュにちなんでいます。2020年の東京五輪の際には果たして・・)

  そういうわけで12月に入ってもこの時期とは思えない暖かさが続いていましたが、ここ1週間は冬らしい寒さが続き、周りの風景もそれらしい雰囲気になってきました。線路際の枯れたすすきとともに、やってきた電車を捉えました。こうして見ると、3000系のカラーはすすきの色とよく似ています。

  写真の3611車を含む編成は、(3050系ではない)3000系の中では希少な4両編成で、2つの編成の組み替えで登場しました。しかしリニューアルはされておらず、追々更新されるかはわかりませんが先は長くない可能性もあります。この風景と同じく、車両としての晩年にさしかかっていると言えるかもしれません。

レアもの検測電車(2)

  厄神駅付近の加古川橋梁で443系の通過を見届けた後、そのまま車で加古川駅へ。加古川線の検測を終えた443系がしばらく同駅に停車するようなので、キャッチできないかともくろんでのことです。

  神戸線上りホームに上がると・・・いましたいました。

181029-(37).jpg

  443系は加古川線ホームの5番線に停車中。姫路側で神戸線に合流する線路があり、この後そこを通って姫路方面へと発車することになります。営業運転では加古川線の車両は他の線に出ることがないので、こういうイレギュラーなことがない限り使われることのない線路です。

  221系の上り普通と並んだところでパチリ。国鉄世代とJR世代で隔世の感がありますが、221系もそろそろ30年選手なんですよね。

  4番線が空いたところで、443系をじっくりと観察してゆきましょう。なかなかないチャンスです。

181029-(41).jpg

  姫路方前方がクモヤ442-2、後方がクモヤ443-2です。色あせたあずき色が井村屋のあずきバーのようなカラーに。

181029-(43).jpg

  先頭部を側面から。

181029-(44).jpg

  側面には「電気検測試験車」の文字。平成も終わろうかというこの時代に、昭和感満載のフォントです。側窓はカーテンが下ろされ、中をうかがうことはできません。

181029-(45).jpg

  クモヤ443の天井にはのぞき窓が。その前方にある照明で架線を照らして点検するのでしょう。

181029-(47).jpg

  クモヤ443側の先頭部。こちらの小さなパンタグラフ(下段交差式)が検測用。

  いいものを見させていただきました。

レアもの検測電車(1)

  鉄道車両には花形の特急車両から日常の足となる通勤車両まで、さらには物流を担う貨物列車もあってそれぞれの役目を果たしていますが、それらを陰で支える「検測車両」というものもあります。線路や電気設備などを検査して異常がないかチェックするもので、日々鉄道が安全運行できるのもこの車両の働きあってのことです。

  本来検測車とは裏方に徹するものですが、新幹線の923形「ドクターイエロー」はそのレア感によく目立つカラーリングも相まって、「幸せの黄色い新幹線」としてすっかり有名な存在に。運行情報は非公開ではあるものの、このご時世すぐにネット上に出回るため、行く先々で大勢のギャラリーに囲まれるのが常となっています。

180409_923a.jpg
  ドクターイエロー

  もちろん在来線にもこれに相当する車両があり、JR西日本には国鉄譲りの443系電車と、2006年に導入されたキヤ141系気動車があります。これらの車両はJR四国・九州や第三セクター路線に貸し出されることもあり、西日本各地で広く運用されています。

170214_141a.jpg
  キヤ141系

  ドクターイエローは走行するダイヤがほぼ決まっているため、走行日さえ判ればキャッチすることは比較的容易ですが、443系やキヤ141系は各地を転々としているため遭遇率はかなり低く、よほどタイミングが合わなければ出会えない存在です。

  そんな443系が加古川線を検測する日にたまたまタイミングが合いました。いささか古いネタですが紹介します。

181029_443a.jpg

  ローカル電車しか走らないこの路線で、国鉄特急っぽい顔の電車が妙な存在感。

181029_443b.jpg

  やはり加古川線といえばこの鉄橋ですね。

181029_443c.jpg

  ドクターイエローと比べるとなんとも地味なカラー。だがそれが良い。

播磨に新たな特急

  来春、JR神戸線に新たな特急が登場することになりました。

  その名も「らくラクはりま」

  なんとなく

rilakkuma.jpg

  このクマを連想させるネーミングですが、たぶん無関係です。

  平日に大阪~姫路間を1往復(朝:姫路→大阪、夕:大阪→姫路)。通勤通学利用者をターゲットにした特急です。特急車両の間合いを活用した通勤特急として、大阪以東には「びわこエクスプレス」がありますが、「らくラクはりま」はその西向けバージョンといえそうです。

  使用されるのは289系電車の6両編成。

160321_289a.jpg

  写真は特急「こうのとり」の289系ですが、実際には「くろしお」に使用される水色ラインの289系となるようです。もともと「サンダーバード」などに使用されていた683系電車を直流専用に改造したものです。

  発表されてばかりで、当然列車はまだ走っていないにもかかわらず、JR西日本のサイトには既に車両紹介ページが→こちら。このページの情報によれば、1号車の半室がグリーン車、2,3号車が自由席、その他が指定席となるようです。

  683系時代を含めて、尼崎以西の東海道・山陽本線区間でこの車両が定期的に運転されるのは初めてだと思います。また「はりま」の名を付した列車名も記憶にありません。この区間には既に「はまかぜ」「スーパーはくと」が走っていますが、これらは兵庫北部・鳥取方面へのアクセス特急というイメージが強く、神戸線区間内での利用はあまり想定されていないように思えます。(特に日中は新快速で十分だというのが実情でしょう。)

  既に発表されているとおり、来春には新快速の一部に有料車両が導入されます。(こちら) 通常、翌春のダイヤ改正の情報は前年の12月中旬に公表されますが、それに先駆けてこれらの発表がなされたというあたり、JR西日本のそれなりの気合いが見て取れます。