FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

復刻デザイン、山陽電鉄にも

  山陽電鉄3000系のうち1編成が、昔のデザインに復刻されるそうです。→山陽電鉄サイト当該記事

  このたび復刻されるデザインというのは↓

860000_sanyoa.jpg
(写真は3050系)

  黄色と紺色のツートンカラーで、幼少期阪神沿線(東灘)に住んでいた私にとっては、大石より西に行かなければ出会えないものの、阪神の「青胴車」と塗り分けが似ていたことから、何となく親近感を覚える存在でした。

  その後阪神沿線を離れると、この3000系列も今のデザインに塗り替えられてしまい、旧カラーはいつの間にか過去のものになってしまいました。なお、旧塗装の鋼製3000系列で現存している写真はこの1枚だけ。当時、子供の小遣いで高額な現像費はそうそう出せず、こうした日常の車両を撮ることは希だったのです。というわけで「山陽の旧塗装」といえばこの写真をずっと使い回しています。

  近年、JRだけでなく私鉄にもこうしたリバイバルが増えてきましたが、1970-80年代のデザインが多いように思われます。私のようにそのカラーに慣れ親しんだ世代がいい歳になってきたのと、この年代の車両が引退に近づき、そのはなむけという意味合いもあるのでしょう。

190515_kobed.jpg

  昨年は神戸電鉄が「メモリアルトレイン」として1000系列を復刻デザインに。この際山陽電車も・・・と密かに期待していたところでのこの発表。心ときめくのは昭和の少年、令和の中年の証拠ですね(苦笑)

  対象となるのは3030Fの4両編成。組み替えなく4連で構成される唯一の3000系で、このたび定期検査を機に旧塗装を施され、7月以降に運行されます。

160503-(34).jpg
この編成が対象に。

  鋼製3000系列のリニューアルが進む中でこの編成は更新を受けておらず、今回が最後の検査になることが明言されており、2021年春ごろまでの運行となる模様です。

  これまで「ネタ車両」の運行に際してはサイト上でダイヤを公開している山陽電鉄なので、この3030Fも公表してくれるかもしれません。登場が楽しみですね。
スポンサーサイト

FC2Ad