FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

GW神鉄ミニ旅行 (3)三木上の丸駅

  樫山駅から10分弱。三木駅を出て、カーブを描きながら美嚢川を渡ると、築堤上にある三木上の丸駅に到着します。三木の旧市街地の背後に位置する丘陵、その中腹に位置します。

110504-(42).jpg

  駅舎は小さな木造で、私が子供のころにはまだ、硬券の切符を売っていた記憶があります。今は無人化され、他の駅と同じく自動券売機と自動改札機が番をしているだけですが、たたずまいはほとんど変わっていません。ここから急坂を下って、県道へと出ます。

110504-(58).jpg

  今通ってきた線路の下をくぐると、「ナメラ商店街」(漢字で書くと「滑原」)という、名前からして古めかしい商店街が始まります。三木の昔からの市街地は、東西に流れる美嚢川と、その南側に位置する三木城跡の丘の間に細長く広がっており、そこを貫くのがナメラ商店街です。

110504-(47).jpg

  駅前商店街はシャッター通り、というのが、多くの地方都市の現実ですが、ここは20年以上前から、すでにそんな状態でした。道路にブロックが敷かれるなど、当時より幾分整備されたという印象ですが、人けはなく、開いている店も薄暗く、なんとなく人を寄せ付けない雰囲気があります。

110504-(46).jpg

  一応歓迎してくれてはいるようですが。

110504-(49).jpg

  背後の丘は三木城跡。戦国大名・別所氏の居城でした。織田信長に反旗を翻したために羽柴(豊臣)秀吉により攻囲され、2年近く持ちこたえたものの、頼りにしていた毛利方からの支援が断たれるなどして、「干殺し」と呼ばれる凄惨な籠城戦となり、最後は当主・長治一族の自害をもって開城となりました。

  ナメラ商店街から急坂を登ってゆくと、その城跡へと達します。西の丸跡には、市立図書館などが立ちます。

110504-(52).jpg

  本丸跡にて、別所長治の石像。

110504-(56).jpg

  城跡からは美嚢川と、その沿岸の市街地を一望できます。そして、そこを渡ってゆく電車の姿も、風物詩のひとつです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

無人化と衰退

近年、駅に係員がいない駅が当たり前になっています。
高校生時代に使っていた有馬線某駅?には年配の駅員さん
と若手の駅員さんが交代体制。
皆、顔馴染みみたいな感じであいさつと世間話したりと。
後年、段階的に駅の配置時間限定と無人化が進み、
そして全線ワンマン化。
将来を見据えて合理化に踏み切ったのでしょうが、それと同時に
利用客の減少も進んでいます。
最近になって数少ない売店も閉店になったようです。

人がいなければ人がいなくなる。 合理化⇔衰退を感じます。 

少子高齢化、道路網発達。鉄道における環境は厳しくなっていますが、
なんとかがんばって残って欲しいと思います。
街から鉄道が無くなると街が更に衰退してしまいます。

  • 2011/05/17(火) 21:27:48 |
  • URL |
  • ふーた #tHX44QXM
  • [ 編集 ]

Re: 無人化と衰退

駅にせよ商店にせよ、何にでも言えることですが、
人けがなく荒れた雰囲気になると、ますます人が寄り付かない悪循環になります。
ちょっと判らないことを尋ねようにも、近くに人がいないとそれもままならない。
相手の顔が見えないインターホンで、的確な意思疎通をするのは容易ではありません。
そういう不安感もマイナス要素だと思います。

ただやはり、防犯等の問題もあるので
なんらかの形で人の目がある形が望ましいですね。

  • 2011/05/21(土) 00:36:43 |
  • URL |
  • Yaka(管理人) #JTeeWkDw
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tnote.blog64.fc2.com/tb.php/577-b86dd380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)