トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

[旅日記]薩摩・大隅あちこちめぐり(9)

  (8)より。

  5月28日の行程を無事に終えて、宿泊地の鹿児島市街へ。今回は飛行機と宿泊がセットになった「パックツアー」を利用しており、1泊目の今夜は鹿児島中央駅に近いビジネスホテル「東横イン」に宿泊します。(東横インは中央駅東側と西側、そして天文館に2軒と、鹿児島市街だけで計4軒ありますが、利用したのは駅東口側のホテルです。)チェックイン後、終盤空腹で不機嫌だったクマ子を連れて、早速夕食へ。

  行き先はクマ子のリクエストですでに決めており、ホテルから歩いてほど近い場所にあるとんかつ店「川久」。幾つか鹿児島の観光ガイドを見た限り必ず載っており、食べログでも上位に入る有名店(※)のようです。

  ※レビューをよく見てゆくと必ずしも良い評価ばかりではなく、結構辛辣に批判されていたりもするのですが、有名店ゆえに期待値が高く(=期待を外すとがっかり感が大きい)、レビューの母数も多い(=厳しい評価にもさらされやすい)のでそれは仕方ないことかもしれません。

d17135.jpg

  といっても、たたずまいは特に変わり映えのしない小さなお店。ランチタイムなどには行列のできる盛況になるようですが、私たちが入った時点ではガラガラで拍子抜けします。

  メニューとしては、黒豚ではないロースとヒレ、黒豚のロースとヒレ、そしてそれぞれ量の多い「上」があります。他のフライ物や丼ものもありますが、とんかつの有名店に来た以上は、黒豚のとんかつを食べなければ意味がない。というわけで黒豚ロースかつと黒豚ヒレかつを1つずつ頼みます。

d17132.jpg

  黒豚ヒレかつ(2,100円)。上に写っている3種類のたれでいただきます。コロッケが1つ付いていますが、これは鹿児島空港のレンタカー屋でもらってきたガイドブックのクーポンでサービスしてもらったもの。目敏く見つけたクマ子に殊勲賞を。

d17133.jpg

  そしてこちらが黒豚ロースかつ(1,900円)。これぞとんかつ!という感じですね。写っていませんが御飯・味噌汁はこちらも付いています。

d17134.jpg

  衣は薄め、淡いピンクの肉。「肉汁ジュワー」という感じではなく、思ったより締まった身をしています。黒豚の肉そのものの味わいを引き出すためにじっくりと揚げているのではないかと思われます。

  最初は何もつけずにそのものの味わいを楽しみ、それから3種のたれで食べ比べる。おまけのコロッケもなかなか美味で、もうけものでした。あと、味噌汁がなかなか旨かったのもポイント高し。(こういうサブの部分の善し悪しが、私の中では結構ウエイトが大きい。)食しているうちにいつの間にか店内の客が増えてきました。

  量的にはちょっと物足りないくらいで、でもこのくらいが「美味しかった」というイメージで終えられる量だったかもしれません。

  というわけで、クマ子共々本場の薩摩の味覚に満足して店を後にし、ホテルに戻ります。

d17136.jpg

  1日目終わり。

  (10)に続く。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tnote.blog64.fc2.com/tb.php/831-92f656c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad