トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

【トップ画像】2017.8前半

top1708a.jpg

  今回のトップ画像は姫新線。以前は足繁く撮影に出向いており、姫新線の列車がトップを飾ることも多かったのですが、最近久しく取り上げていないなと思って見返してみると、最後にトップに採用したのが2011年8月。実に6年ぶりの登場になります。

  姫新線を姫路側から辿ると、姫路の近郊からたつのの市街地を過ぎ、揖保川に沿って北上すると播磨新宮。このあたりからはすっかり鄙びた農村風景となり、列車の本数も日中1-2時間に1本ほどのローカル線になります。それでも2010年には高速化が行われ、非電化ながらも近代的な路線に改良されました。

  その前年から姫新線に導入されたのが、キハ122/127形気動車。それまでのキハ40系の鈍重な走りから一転してきびきびとした走行を見せてくれるようになりました。

  とはいえ、自然風景の中での写り映えで見ると、やはりステンレス車両というのはどこかミスマッチというか、味気なさを感じてしまうものです。特にこのローカル区間のような場所では、人工物感満載の銀ピカ列車は浮いてしまいがち。もちろん鋼製車体も人工物であることに変わりはないのですが、特に昔の塗色は自然との調和が良いように感じられます。(ファンの間でリバイバルカラーが珍重されるのは、懐古趣味というだけでなく、そういう要素も関係しているのではないかと思います。)

  そんな銀ピカ列車を風景にマッチさせるテクニックのひとつが(単に自分がそう思っているだけですが)、車体を反射光で輝かせること。これは鋼製車両にも有効ですが、単に車両が写っているのとは違った演出効果が得られるように感じます。

  もちろん、うまく反射させるには太陽との位置関係を見て角度をよく計算しておく必要があります。…のですが、この写真は特にそんな難しいことを考えたわけではなく、走る列車をカメラで追いかけて撮った、いわば偶然の所産です。事前に考え抜いてここぞと撮る写真より、何気なくカメラを向けた写真の方がむしろ、場面としてはよいところを切り抜いている、ということが得てしてあるものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tnote.blog64.fc2.com/tb.php/836-f3430364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad