FC2ブログ

トラベラーズ ノート まくら木日記

日記・雑記・駅々めぐり。

季節は秋へ、夕刻の空と列車たち(1)

  立秋を過ぎると急に日が短くなってゆきます。19時頃まで十分撮影できるくらい明るかったのが、気づけば18時半頃には暗くなってしまうようになりました。

  東日本では雨と低温続きで大変なようですが、わが地元ではそこまでの雨は降りません。ただすっきりと晴れる日は少なく、梅雨時期のように常に湿気にまとわれているような気候で、実際の気温以上に体力を奪われる暑さです。

  そんなわけでなかなか写真を撮りに行こうという気になれない日が続いているのですが、昨日はそこそこ青空が広がったので、夕方に出かけてきました。

170819_700a.jpg

  まずはレアもの700系を流し撮りで。「JR700」マークの付いたJR西日本車両で、ちょっと嬉しい(やはり地元贔屓なんですね)。最近この斜めの流しにトライしているのですが、こちらはまだコツがつかみきれず、出たとこ勝負でとにかくカメラを振っています。(苦笑)

  夏休みのこの時期はノーマル700がこうして結構出勤しているのですが、今後こういうチャンスはどんどん減少してゆくと思われ、今のうちに撮れるものを撮っておこうと思います。

170819_500a.jpg

  良い感じに入道雲が出ていたので、池の反対側に回って池越しにキャッチ。ここからの撮影は初めてでしたが、なかなかいいポイントです。夕日に染まる入道雲をバックに、500系こだまの通過を。なんとなくこの雲の形状、空でミッキーマウスがガオーってしているように見えます。

170819_N700a.jpg

  5分ほど後に通過したN700系。この少しの間にも雲の形状がかなり変わってきているのが判ります。もはやミッキーではない(笑)

170819_hansina.jpg

  雲をバックに阪神電車も。こちらは育ちきった入道雲という感じです。明石海峡大橋の主塔も見えています。

  「夏の雲」というイメージの強い入道雲ですが、積乱雲が発生するのは大気の不安定な状態によることが多く、それだけ季節の変わり目が近づいている証拠ともいえます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tnote.blog64.fc2.com/tb.php/840-0fb049b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad